Jリーグ

ルヴァンカップの歴代優勝チームはこちら!大会の歴史も合わせて紹介します【Jリーグカップ】

こんにちは、早起きラガードです。

ルヴァンカップの、歴代優勝チームってどうなってるんだろう?

今回は、こんな疑問を含めたルヴァンカップの歴史をご紹介します。

※ルヴァンカップは、Jリーグカップと呼ばれることもあります(NHKなどではこちらの呼称が使われています)。本記事では便宜上、「ルヴァンカップ」と「Jリーグカップ」を併用していますが、両者は同じものです。

ルヴァンカップの歴史

ルヴァンカップの歴史はリーグ戦より古い

ルヴァンカップ(Jリーグカップ)は、1992年に始まりました。

Jリーグ(リーグ戦)の開始が1993年ですから、ルヴァンカップは、実はJリーグ(リーグ戦)よりほんの少しだけ古い歴史を持っています。

ただし、開催回数自体は、Jリーグ(J1リーグ)と同じ

というのも、本来なら第4回になるはずだった1995年に、大会は開催されなかったからです。

1995年が未開催となった理由

ステージごとにホーム&アウェーの2回戦制

1995年にJリーグカップが未開催となった理由は、Jリーグ(リーグ戦)の日程にあります。

当時のJリーグ(リーグ戦)は2ステージ制で、ステージごとにホーム&アウェーの2回戦制を実施していました。

ただ、ステージごとにホーム&アウェーの2回戦制を実施すると、試合数はなかなかのものになります。

現在のJリーグは、1年を通してホーム&アウェーの2回戦制ですからね。

2ステージ制で、1ステージごとにホーム&アウェーの2回戦制ということは、半年で現在のJリーグの1年分を実施することになります。

現代の常識からすると無謀としか思えないこの方式が採用されていたのは、始まったばかりのJリーグではまだ参加チーム数が少なかったためでした。

1993年は10チーム(いわゆるオリジナル10ですね)、1994年は12チームだったので、試合数はそこまで膨大なものにはならなかったのです。

※オリジナル10については、「Jリーグの「オリジナル10」って何? 前身の「日本サッカーリーグ」との関係も紹介します。」で紹介しています。

リーグ戦が年間52試合となってしまった1995年

ただ、1995年にJリーグ(現在のJ1リーグ相当)の参加チーム数が14になると、Jリーグカップ(現在のルヴァンカップ)を並行で実施するには無理がある試合数になってきました。

1995年(14チーム)の1ステージの試合数は、

13試合 × 2回戦 = 26試合

これが2ステージですから、年間のJリーグ(リーグ戦)の試合数は

26試合 × 2ステージ = 52試合

となります。

国内リーグが年間52試合というのは、ちょっと多過ぎです。

現在のJ1リーグが年間34試合、チーム数が多いと言われているイングランドやスペインでも、年間38試合ですからね。

この状態で、並行してカップ戦まで実施するとなると、チームが疲弊し、怪我人が続出することが予想されます。

そこでチームへの負担を減らすために、1995年はJリーグカップを開催しないことになりました。

なお、1996年以降は、リーグ戦の方式が見直されたため、ここまで試合数が膨張することはなくなりました。

そのため、Jリーグカップも毎年開催されています。

旧名は「ナビスコカップ」

「ヤマザキナビスコ」がかつての冠スポンサー

Jリーグカップって、前はナビスコカップって呼ばれてなかったっけ? いつの間にルヴァンカップになったんだろう?

確かに、Jリーグカップはかつて「ナビスコカップ」と呼ばれていました。

具体的には、大会が始まった1992年から2016年の途中まで、です。

正式名称は「Jリーグヤマザキナビスコカップ」でした。

名前が示す通り、冠スポンサーが「ヤマザキナビスコ」の大会です。

ということは、今は「ヤマザキナビスコ」がスポンサーではなくなったってことなのかな?

そう考えたくなるところですが、実際にはそうではありません。

「ヤマザキ」は、今も継続して大会スポンサーです。

ただし、「ヤマザキナビスコ」の名前が使えなくなってしまったのです。

ライセンス切れとなった「ナビスコ」

「ヤマザキナビスコ」の「ナビスコ」は、アメリカの食品会社が持っているブランド名です。

「ヤマザキ」はライセンス契約を結んでいたため、「ナビスコ」の名前を使うことができたのですが、2016年8月でその契約が終了することになってしまいました。

そのため「ヤマザキナビスコ」は、2016年9月から「ヤマザキビスケット」と会社名を変更しています。

そうなると、当然ながらJリーグカップの方も、そのまま「ナビスコカップ」の大会名を使い続けることはできません。

そこで大会名が変更されることになり「Jリーグヤマザキナビスコカップ」は、現在の「JリーグYBCルヴァンカップ」となりました。

YBCは「ヤマザキビスケット」の英字略号。ルヴァンは同社が販売するクラッカーのブランド名です。

これですね。

ルヴァンカップの歴代優勝チーム

ルヴァンカップの歴代優勝チームとチーム別優勝回数は、次の通りとなっています。

優勝チーム
1992 ヴェルディ川崎
1993 ヴェルディ川崎
1994 ヴェルディ川崎
1995 開催されず
1996 清水エスパルス
1997 鹿島アントラーズ
1998 ジュビロ磐田
1999 柏レイソル
2000 鹿島アントラーズ
2001 横浜F・マリノス
2002 鹿島アントラーズ
2003 浦和レッズ
2004 FC東京
2005 ジェフユナイテッド千葉
2006 ジェフユナイテッド千葉
2007 ガンバ大阪
2008 大分トリニータ
2009 FC東京
2010 ジュビロ磐田
2011 鹿島アントラーズ
2012 鹿島アントラーズ
2013 柏レイソル
2014 ガンバ大阪
2015 鹿島アントラーズ
2016 浦和レッズ
2017 セレッソ大阪
2018 湘南ベルマーレ
2019 川崎フロンターレ

チーム別優勝回数

チーム 優勝回数
鹿島アントラーズ 6
東京ヴェルディ1969 3
ジュビロ磐田 2
柏レイソル 2
浦和レッズ 2
FC東京 2
ジェフユナイテッド千葉 2
ガンバ大阪 2
清水エスパルス 1
横浜F・マリノス 1
大分トリニータ 1
セレッソ大阪 1
湘南ベルマーレ 1
川崎フロンターレ 1

ルヴァンカップの優勝回数が最も多いのは、「常勝軍団」鹿島アントラーズ。

2位の東京ヴェルディ1969の2倍、6回の優勝を果たしています。

なお、ヴェルディ川崎は現在の東京ヴェルディ1969です。

J2暮らしが長くなり、近年は大会そのものに参加すらできていませんが、第1回大会から3回大会まで、3連覇を果たしているチームです。

これは、現在でも破られていない、の最多連覇記録となっています。

※ルヴァンカップの大会方式については、「ルヴァンカップってどんな大会? 大会方式と放送・配信についてもご紹介します【Jリーグカップ】」で紹介しています。大会参加資格についても、こちらで解説しています。

ルヴァンカップの歴史:まとめ

本記事ではルヴァンカップの歴史と、歴代優勝チームについてご紹介しました。

優勝チーム最多は、鹿島アントラーズ。

これは、実は他の国内3大タイトルでも同じだったりします。

そのあたりの話は「【Jリーグ】国内三大タイトルの重要度はこうなってます」という記事でご紹介していますので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

今回は、以上です。