Jリーグ

J2降格経験のないオリジナル10のクラブは? J2のオリジナル10についても紹介します

こんにちは、早起きラガードです。

Jリーグファン
Jリーグファン
Jリーグが始まって25年以上経つけど、オリジナル10のクラブで、まだ1度もJ2を経験をしたことがないクラブってあるんだっけ? あるとしたら、どこなんだろう?

今回はこんな疑問に答えるのと、オリジナル10にまつわるいくつかの事柄を紹介します。

なお、普通オリジナル10と言ったら「Jリーグのオリジナル10」のことですが、実はJ2にもオリジナル10が存在します。

そちらも合わせて、ご紹介します。

オリジナル10(Jリーグ)

オリジナル10とは

まずは、言葉の意味を確認しておきます。

「オリジナル10(Jリーグ)」とは、Jリーグ発足時に加盟した10クラブのことを言います。

Jリーグ初年度(1993年)の、参加クラブと言い換えることもできます。

具体的には、以下の10クラブになります。

  • ヴェルディ川崎
  • 鹿島アントラーズ
  • 清水エスパルス
  • 横浜マリノス
  • サンフレッチェ広島
  • 横浜フリューゲルス
  • ガンバ大阪
  • ジェフユナイテッド市原
  • 名古屋グランパスエイト
  • 浦和レッドダイヤモンズ

この10クラブのうち、横浜フリューゲルスは1998年シーズンを最後に横浜マリノスと合併消滅しており現在は存在していません(この結果、横浜マリノスは横浜F・マリノスとクラブ名が変わりました)。

そのため、オリジナル10と言いながら、現存するのは9クラブなっています。

また、ヴェルディ川崎とジェフユナイテッド市原も、現在はクラブ名が変わっています。

  • ヴェルディ川崎 → 東京ヴェルディ1969
  • ジェフユナイテッド市原 → ジェフユナイテッド市原・千葉

J2に降格したことがない、オリジナル10のクラブ

オリジナル10の中で、J2に降格したことがないクラブは2つ。

鹿島横浜FMです。

鹿島

鹿島がJ2に最も近づいた年は、2012年。最終順位は11位でした。

鹿島はこの年以外で、年間順位が二桁なったことはありません。すべて、一桁。盤石の安定感を誇ります。

J2降格は年度によって違いますが、さすがに一桁順位で降格したケースはありませんから、鹿島にとってJ2は縁遠い存在と言っていいかもしれません。

 

横浜FM

横浜FMがJ2に最も近づいたのは、2001年でした。最終順位は13位。

2001年はまだJ1が16クラブしかなく(現在は18クラブ)、15位以下が自動降格圏でした。現在の13位より、もう少しJ2に近いです。

横浜FMは鹿島と違って、この年以外にも複数の二桁順位の経験があります。

ですが、一度もJ2に降格したことがない、という点は鹿島と同じ。

開幕初年度から、J1(Jリーグ)皆勤となっています。

J2経験のあるオリジナル10

鹿島、横浜FMを除く7クラブは、一度以上J2に降格したことがあります。

各クラブのJ2経験は次の通り。

クラブ J2で戦った年
浦和 2000
広島 2003、2008
東京V 2006~2007、2009~
千葉 2010~
G大阪 2013
清水 2016
名古屋 2017

オリジナル10で最も早くJ2降格を経験したのは、浦和

Jリーグに二部制が導入された1999年に、さっそく降格してしまいました(1999年に降格し、2000年をJ2で戦っています)。

降格回数の最大は2回で、広島東京Vが経験しています。

広島はいずれも1年でJ1に復帰していますが、東京Vは2度目の降格以降、なかなかJ1に戻ってくることができていません。

そしてその東京Vが、J2在籍歴最長のオリジナル10クラブになってしまっています。

千葉もかなり長いですが、東京Vにはまだ及びません。

J2の「オリジナル10」

「J2のオリジナル10」とは

サッカーで「オリジナル10」と言ったら、普通はこれまで説明してきた「Jリーグのオリジナル10」のことです。

ただ、J2の場合にも「オリジナル10」と呼ばれるクラブは存在するのですね。

定義はJリーグの場合と似ていて、「J2リーグ発足時に、リーグに参加していたクラブ」。もっとシンプルに言うと、1999年にJ2に参加した10クラブのことになります。

具体的には、次の10クラブになります。

  • コンサドーレ札幌
  • ベガルタ仙台
  • モンテディオ山形
  • 大宮アルディージャ
  • FC東京
  • 川崎フロンターレ
  • ヴァンフォーレ甲府
  • アルビレックス新潟
  • サガン鳥栖
  • 大分トリニータ

「J2オリジナル10」でJ1昇格経験がないクラブは?

J2オリジナル10で、J1昇格経験がないクラブは存在しません。

10クラブすべてが、1度はJ1を経験しています。

各クラブのJ1経験は、次の通り。

クラブ J1で戦った年
札幌 1998、2001~2002、2008、2012、2017~
川崎 2000、2005~
FC東京 2000~2010、2012~
仙台 2002~2003、2010~
大分 2003~2009、2013、2019~
新潟 2004~2017
大宮 2005~2014、2016~2017
甲府 2006~2007、2011、2013~2017
山形 2009~2011、2015
鳥栖 2012~

J2オリジナル10と言いながら、札幌だけは実はJ2創設以前の1998年にJ1の経験があります。

1998年は二部制が始まっていなかったので、正確には「J1」ではなく「Jリーグ」なのですが、とにかく一部リーグを一度経験していました。

1999年の札幌がJ2参加となったのは、J2発足前に行われたJ1参入決定戦の結果によるもので、簡単に言うとJ1(Jリーグ)から降格する形で、J2オリジナル10になっています。

その意味で、最も早くJ1(Jリーグ)を経験していたのは札幌ですが、J2発足後に限定すると最速はFC東京と川崎。J2一年目の1999年に昇格を果たしています(1999年に昇格し、2000年にJ1)。

一方、最も遅かったのは鳥栖で、初昇格は2011年(2011年に昇格し、2012年にJ1)。

1999年のJ2参加から、実に13年かけてJ1昇格を果たしました。

「J2オリジナル10」で、J3降格経験があるクラブは?

J2には、J1への昇格の他に、J3への降格もあります。

J3降格を経験しているJ2オリジナル10は、1クラブのみ。

大分が2016年に1年間J3を経験しています。

まとめ:「オリジナル10」だからといって、特別なことは何もない

「オリジナル10」は、リーグ発足時から参加している10クラブですが…… ただそれだけのことです。

そこに何か特別な付加価値があるかと言えば、少なくともリーグ戦の中ではまったくありません。

7割のクラブがJ2降格を経験していますし、J1リーグの優勝経験があるのはオリジナル10のみ、みたいな優位性もありません。

普通にオリジナル10以外のクラブも優勝していますし、オリジナル10でリーグ優勝のないクラブも存在していますしね。

今となっては、単にリーグへの加盟(参加)が早かったという、歴史的事実に過ぎません。

知識として、知っておいて損はないと思いますが。

今回は、以上です。