Jリーグ

【Jリーグ】国内三大タイトルの重要度はこうなってます

こんにちは、早起きラガードです。

日本のサッカーで「国内3大タイトル」といえば、次の3つのことを指します。

  • J1リーグ
  • ルヴァンカップ
  • 天皇杯

※ルヴァンカップは、「Jリーグカップ」と呼ばれることもあります。

タイトルが、3つ。で、この3つに重要度の違いはあるのかな?

本記事では、それについてご紹介します。

国内3大タイトルの重要度

いきなりですが、結論です。

国内3大タイトルの重要度は、

  1. J1リーグ
  2. 天皇杯
  3. ルヴァンカップ

の順になっています。

J1リーグが1番重要なのは何となくわかるけど…… 天皇杯とルヴァンカップがこの順番なのは何故?

それについても、後ほどご紹介していきます。

最重要タイトルはJ1リーグ

国内3大タイトルのうち、最も重要なのはJ1リーグです。

何故なら、国内リーグを制したクラブこそが、その年の国内最強クラブの称号を得ることができるからです。

またJ1リーグは、他の2大会(天皇杯、ルヴァンカップ)と比較して、

  • 賞金額が多い
  • ACL出場枠が多い

などの特徴もあります。

この特典も、J1リーグが他の2大会と比較して重要度が高い理由となります。

国内リーグ優勝が、その年の国内最強

国内リーグ優勝が、その年の国内最強っていうのはどうして? 他の大会の優勝クラブだって、王者っていう意味では同じだよね?

国内リーグは、リーグに所属する全クラブと総当たりで試合をして、順位を決定します。

必然的に試合数は多くなり、期間も長くなります。

そうなると、試されるのはクラブの総合力。すなわち、本当に強いクラブでないと、タイトルを勝ち取ることができません。

一方、ルヴァンカップや天皇杯のようなカップ戦は、トーナメントがメインとなる大会です。

トーナメントですから、組み合わせ次第で実力的に落ちるクラブでも上位進出が可能です。

また、一発勝負の色合いが濃いため、番狂わせも頻繁に起こります。

カップ戦で試されるのは、「総合力」よりも「勝負強さ」と言ってもいいかもしれません。

「勝負強さ」もちろん重要な「強さの要素」ではあるのですが、「その年の最強クラブ」というとふさわしいのは、やはり「総合力」。

すなわち、「総合力」を試される「国内リーグ王者」が、「その年の国内最強クラブ」になります。

国内3大タイトルの賞金額

J1リーグ、天皇杯、ルヴァンカップ、それぞれの賞金額は次の通り。

J1リーグ 天皇杯 ルヴァンカップ
優勝 3億円 1.5億円 1.5億円
2位 1.2億円 5000万円 5000万円
3位 6000万円 2000万円 2000万円

優勝賞金は、J1リーグが3億円と最も多く、天皇杯、ルヴァンカップの2倍です。

賞金額で見ても、J1リーグが最も重要であることがお分かりいただけるかと思います。

ACL出場枠

ACL出場枠についても、最も多いのはJ1リーグです。

詳しくは、「ACL、日本の出場枠は? どのクラブに出場権が与えられるかについても説明します。」という記事で紹介していますが、J1リーグは基本的に3位まで、ケースによっては4位までのクラブに、ACL出場権が与えられます。

J1リーグ優勝経験のあるクラブ

J1リーグ最後に、優勝経験のあるクラブをご紹介しておきます。

1993年~2019年までの期間で、J1リーグ優勝経験があるのは次の10クラブとなっています。

順位 クラブ名 優勝回数
1 鹿島アントラーズ 8
2 横浜F・マリノス 4
3 ジュビロ磐田
サンフレッチェ広島
3
5 東京ヴェルディ1969
ガンバ大阪
川崎フロンターレ
2
8 浦和レッズ
名古屋グランパス
柏レイソル
1

鹿島アントラーズが8回で、飛びぬけて多いです。

2位の横浜F・マリノスの2倍ですからね。

2位以降は、1回ずつの差となっています。

2番目に重要なのは天皇杯

さて、ここからが本題です。

国内3大タイトルのうち、最重要はJ1リーグでした。

では、残る天皇杯とルヴァンカップのうち、どちらがより重要な大会となるのでしょうか?

答えは、天皇杯です。

天皇杯が国内3大タイトルのうち、2番目に重要なタイトルとなります。

天皇杯優勝クラブには、ACL出場権が与えられる

天皇杯とルヴァンカップは、どちらもトーナメントがメインとなる大会です(ルヴァンカップはトーナメントの前に、グループリーグが実施されます)。

賞金は、まったく同じ。

天皇杯 ルヴァンカップ
優勝 1.5億円 1.5億円
2位 5000万円 5000万円
3位 2000万円 2000万円

 

これだと、両大会にはほとんど差がないように見えます。

ただ、この2つの大会は、優勝特典に大きな違いがあるのですね。

天皇杯は、優勝クラブにACL出場権が与えられるのです。

これは、天皇杯の大きな魅力です。

ACLはアジアNo.1クラブを決める大会ですが、出場できるのは限られたクラブだけですからね。

ACLの詳細は、「ACL、日本の出場枠は? どのクラブに出場権が与えられるかについても説明します。」でも紹介していますが、この優勝特典があることで、天皇杯はルヴァンカップよりも重要な大会、すなわち国内3大タイトルのうち、2番目に重要な大会となっています。

天皇杯優勝経験のあるクラブ

天皇杯は、Jリーグが始まる前から実施されている歴史ある大会ではあるのですが、本記事ではJリーグが始まった1993年~2019年の期間に絞って、優勝クラブと回数をご紹介します。

順位 クラブ名 優勝回数
1 鹿島アントラーズ 5
2 ガンバ大阪 4
3 浦和レッズ 3
4 東京ヴェルディ1969
名古屋グランパス
横浜フリューゲルス
2
7 湘南ベルマーレ
清水エスパルス
京都サンガ
ジュビロ磐田
FC東京
柏レイソル
横浜F・マリノス
セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
1

こちらも1位は鹿島アントラーズ

ただ、J1リーグほど飛び抜けてはいません。

1999年に合併消滅してしまった横浜フリューゲルスが、優勝2回で4位にランクしているのも感慨深いものがあります。

3番目がルヴァンカップ

ルヴァンカップの優勝特典

天皇杯とルヴァンカップの違いはACL出場権ってことはわかった。で、ルヴァンカップに優勝特典はないの?

ルヴァンカップの優勝クラブには、「Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦」という、長ったらしい名前の付いた大会への参加資格が与えられます。

この大会は、2018年まではスポンサーの名前から「スルガ銀行チャンピオンシップ」と呼ばれていました。

Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦

この大会はその名の通り、Jリーグカップ(ルヴァンカップ)と、コパ・スダメリカーナの王者による大会です。

コパ・スダメリカーナは南米の国際カップ戦で、欧州におけるUFEAヨーロッパリーグ相当の大会であるため、王者のレベルは決して低くはないのですが……

ACLと比較すると、残念ながら重要度はかなり下がります。

大会といっても、実際に行われるのは1試合だけですからね。

ルヴァンカップ優勝経験のあるクラブ

順位 クラブ名 優勝回数
1 鹿島アントラーズ 6
2 東京ヴェルディ1969 3
3 ジュビロ磐田
柏レイソル
浦和レッズ
FC東京
ジェフユナイテッド千葉
ガンバ大阪
2
9 清水エスパルス
横浜F・マリノス
大分トリニータ
湘南ベルマーレ
セレッソ大阪
川崎フロンターレ
1

ルヴァンカップも、優勝回数最多は鹿島アントラーズです。

2位は東京ヴェルディ1969。

近年はJ2暮らしが長くなっているので意外かもしれませんが、Jリーグ草創期の1992年~94年に3連覇しています。

当時はまだ、ヴェルディ川崎というクラブ名でした。そのときの実績が、そのまま反映された形となっています。

※なお、ルヴァンカップ(当時の名称はナビスコカップ)は、Jリーグが始まるより1年早い、1992年からスタートしています。本記事での優勝回数には、1992年の実績も含めています。

国内3大タイトルの重要度:まとめ

本記事では、サッカーにおける国内3大タイトルの重要度について、ご紹介しました。

J1リーグ、天皇杯、ルヴァンカップという3大タイトルは、

  1. J1リーグ
  2. 天皇杯
  3. ルヴァンカップ

の順に重要となっています。

なお、一つ勘違いしてはいけないのは、今回あげた3つのタイトルは、いずれも簡単に獲得できるものではない、ということです。

今回付けた重要度は、あくまで3つのタイトルを比較した場合であって、全体的に見ればどのタイトルも重要です。

何といっても、「国内3大タイトル」ですからね。

3つのタイトルのうちどれかを獲得することは、それだけですばらしい実績です。

そのことを忘れずに、タイトルを獲得したクラブは素直に称えましょう。

今回は、以上です。