Jリーグ

【サッカー】天皇杯ってどんな大会? 大会方式や優勝特典についてご紹介します【ACL出場権】

こんにちは、早起きラガードです。

サッカーの天皇杯って、どんな大会だっけ?

今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事からわかること

  • 天皇杯ってどんな大会?
  • J1とJ2のチームは、何回戦から出場?
  • 天皇杯の歴代優勝チーム(1993年~)

天皇杯とは

サッカーにおける天皇杯の正式名称は、天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会。

日本サッカー協会が主催するカップ戦で、国内3大タイトルの1つです。

※サッカーの国内3大タイトルについては、「【Jリーグ】国内三大タイトルの重要度はこうなってます」という記事でも紹介しています。

天皇杯の出場資格

天皇杯に出場できるのは、

日本サッカー協会(JFA)に第1種登録しているチーム

です。

第1種登録って?

「年齢制限しない選手により構成されるチーム」のことで、Jリーグはもちろん、社会人チームや大学チームも第1種登録に該当します(JFA公式HP)。

つまり、天皇杯とはアマチュアチームにも出場資格がある大会なのです。

本大会に出場できるのは88チーム

アマチュアチームにも出場資格のある天皇杯ですが、全チームがいきなり本大会に出場することはできません。

第1種登録されているチームは、5,000以上ありますからね(参考:JFA公式HP)。

本大会に出場できるのは、88チーム。

具体的には、以下の通り。

  1. J1全チーム(18チーム)
  2. J2全チーム(22チーム)
  3. アマチュアシード(1チーム)
  4. 都道府県代表(47チーム)

このうち、J1、J2全チームと、アマチュアシードのチームは本大会から出場

一方、都道府県代表については予選を勝ち抜く必要があります。

なお、JリーグにはJ1、J2の他にJ3もありますが、J3のチームにはシード権はないため、都道府県予選で勝たなければ本大会に出場できません。

※Jリーグのチーム数については「Jリーグのチーム数は50以上! チームがない県についても紹介します」という記事で紹介しています。

本大会出場88チームは、国内3大タイトルでは最多の出場チーム数になります。国内3大タイトルの他の大会は、

  • J1リーグ:18チーム
  • ルヴァンカップ:20チーム

となっています。

皇杯の開催時期

天皇杯の開催時期は、毎年4~5月頃。

J1リーグやルヴァンカップより、やや遅れて始まります。

12月まではJリーグと並行して開催しているので、試合は基本的に平日開催。水曜日に行われることが多いですね。

ただ、12月下旬に行われる準決勝と、元日開催の決勝については、Jリーグが既に終了していることもあり、週末や休日に実施されます。

※なお、天皇杯の決勝は初めから元日開催だったわけではありません。詳しくは「天皇杯決勝が元日開催なのはなぜ? 理由は「明治神宮」にあった。」という記事で紹介しています。

天皇杯とルヴァンカップの違い

国内3大タイトルには、ルヴァンカップっていうカップ戦もあるんだよね? 2つの大会の違いは?

1番の違いは、出場資格です。

天皇杯は、先ほども書いた通り日本サッカー協会に1種登録しているチームすべてに、出場資格があります。

一方、ルヴァンカップはJ1の全チームと、J2の一部チームにしか出場資格がありません。

位置づけでいうと、

  • 天皇杯:オープンカップ
  • ルヴァンカップ:リーグカップ

になります。

※なお、天皇杯とルヴァンカップには、大会方式などにも違いがあります。ルヴァンカップの大会方式については「ルヴァンカップってどんな大会? 大会方式と放送・配信についてもご紹介します【Jリーグカップ】」でも紹介しています。

天皇杯の優勝賞金と特典

天皇杯は、3位まで賞金が出ます。

具体的な賞金額は、次の通り。

  • 優勝:1.5億円
  • 2位 :5千万円
  • 3位 :2千万円

この他、優勝チームには

ACL本大会出場権

が与えられます。

※なお、2020年大会については、コロナ禍もあり優勝賞金が1億円となっています。

天皇杯の大会方式

1回戦ノックアウト方式

天皇杯の大会方式は、1回戦から決勝まで「1回戦制のノックアウト方式」です。

一発勝負のトーナメント、といった方がわかりやすいかもしれません。

UEFAチャンピオンズリーグなどで採用されているような、ホーム&アウェー方式で2試合実施し、合計得点で勝ち上がりチームを決める、という方式ではなく、その試合の結果だけで勝負が決まります。

J1とJ2のチームは2回戦から出場

天皇杯は、既に書いた通りプロもアマチュアも一緒になって出場する大会ですが、J1とJ2のチームは1回戦から出場しません。

2回戦からの登場になります。

すなわち、1回戦は都道府県代表47チームと、アマチュアシードの1チームの合計48チームで、24試合が行われます。

2回戦は、1回戦を勝ち上がった24チームに、J1 18チーム、J2 22チームを加えた合計64チームで、32試合を実施。

以降、

  • 3回戦(32チーム→16チーム)
  • 4回戦(16チーム→8チーム)

と続き、5回戦は準々決勝、6回戦が準決勝となっています。

天皇杯の歴史

天皇杯は、他の国内3大タイトルと比較して圧倒的に古い歴史を持っています。

第1回大会が開催された年は、次の通り。

  • Jリーグ   :1993年
  • ルヴァン杯:1992年
  • 天皇杯  :1921年

天皇杯が、70年以上も先に始まっています。

 

Jリーグ、ルヴァンカップには、それぞれJSL、JSLカップという前身の大会があるのですが、それらの大会と比較しても、

  • JSL   :1965年
  • JSLカップ:1976年
  • 天皇杯   :1921年

と、やはり天皇杯の方がずっと早く始まっています。

過去8回、中止になっている

歴史が長い大会だけあって、天皇杯はこれまでに8回の大会が中止となっています。

具体的には、以下の通り。

中止になった回 理由
第6回(1926年) 大正天皇の病状悪化のため
第14回(1934年) 極東選手権競技大会のため
第21~24回(1941~45年) 第二次世界大戦のため
第27~28回(1947、48年) 世情不安のため

大正10年から開催されている大会だけあって、中止となった理由にも時代を感じさせるものが多いですね。

なお、天皇杯は中止になった大会も通算回数に含めています。

そのため、例えば第100回大会であっても、実際には92回しか開催されていなかったりします(上記の通り、8回中止されているため)。

天皇杯の歴代優勝チーム

既に書いた通り、天皇杯は1921年から開催されているので、歴代優勝チームを挙げていったら、非常に長くなってしまいます。

そこで本記事では、Jリーグが開幕した1993年以降の優勝チームを紹介します。

年度 優勝チーム
73 1993年 横浜フリューゲルス
74 1994年 ベルマーレ平塚
75 1995年 名古屋グランパスエイト
76 1996年 ヴェルディ川崎
77 1997年 鹿島アントラーズ
78 1998年 横浜フリューゲルス
79 1999年 名古屋グランパスエイト
80 2000年 鹿島アントラーズ
81 2001年 清水エスパルス
82 2002年 京都パープルサンガ
83 2003年 ジュビロ磐田
84 2004年 東京ヴェルディ1969
85 2005年 浦和レッズ
86 2006年 浦和レッズ
87 2007年 鹿島アントラーズ
88 2008年 ガンバ大阪
89 2009年 ガンバ大阪
90 2010年 鹿島アントラーズ
91 2011年 FC東京
92 2012年 柏レイソル
93 2013年 横浜F・マリノス
94 2014年 ガンバ大阪
95 2015年 ガンバ大阪
96 2016年 鹿島アントラーズ
97 2017年 セレッソ大阪
98 2018年 浦和レッズ
99 2019年 ヴィッセル神戸

なお、最多優勝はこの表には名前のない慶応義塾大学で、1932年から1956年までの間に9回優勝しています(Jリーグ開幕以降の最多優勝は、鹿島アントラーズの5回)。

天皇杯の放送・配信

天皇杯は試合数も非常に多いことから、全試合を放送・配信してくれるところはありません。

ただ、ベスト16以降であれば、スカパーで全試合放送があります。

また、準決勝以降であれば、NHK総合(地上波)で全試合生中継をやってくれています。

詳しくは、「天皇杯を視聴する方法は、全部で4つ! 目的別のおすすめ視聴方法も紹介します。【サッカー】」という記事で紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

なお、DAZNで天皇杯の中継はありませんので、ご注意ください。

天皇杯とは:まとめ

本記事では、サッカー天皇杯についてご紹介しました。

天皇杯の魅力は、何と言っても優勝チームにACL本大会の出場権が与えられるところですね。

ヨーロッパのサッカーを知っていると、カップ戦の勝者にチャンピオンズリーグの出場権が与えられることに違和感があるかもしれませんが、そのあたりの事情はACLの成り立ちが大きく関係していると思われます。

※詳しくは、「ACL、日本の出場枠は? どのクラブに出場権が与えられるかについても説明します。」という記事で紹介しています。

今回は、以上です。