Jリーグ

ルヴァンカップってどんな大会? 大会方式と放送・配信についてもご紹介します【Jリーグカップ】

こんにちは、早起きラガードです。

サッカーのルヴァンカップって、どんな大会?

今回は、こんな疑問に対して、

  1. ルヴァンカップとは
  2. ルヴァンカップの大会方式
  3. ルヴァンカップの放送・配信

という3つの観点からお答えします。

ルヴァンカップとは

ルヴァンカップの正式名称は、「JリーグYBCルヴァンカップ」。

Jリーグが主催する「リーグカップ」で、日本サッカーの「国内3大タイトル」の1つです。

「Jリーグカップ」と呼ばれることもあります(NHKなどでは、こちらが使われていますね)。

ルヴァンカップの出場資格

ルヴァンカップの出場資格は、過去何度か変更が行われています。

主な違いはJ2のチームの出場についてで、時期によってJ2の全チームが出場したり、反対にJ2からはまったく出場資格がなかったりしていました。

2018年以降は、

  1. J1リーグの全チーム
  2. 前年にJ2降格したチームのうち、1~2チーム

となっています。

J2降格チームの参加数に幅があるのは、ACLプレーオフの敗退チーム数によって変動があるためです。

具体的には、

  • 敗退チームが0の場合
    → 2チーム
  • 敗退チームが1の場合
    → 1チーム

となります。

ACL敗退チームが0だった2019年を例にとると、

  • 柏レイソル
    (前年J1 17位で降格)
  • V・ファーレン長崎
    (前年J1 18位で降格)

の2チームがJ2からルヴァンカップに出場しました。

ルヴァンカップの開催期間

ルヴァンカップの開幕は、Jリーグとほぼ同じ時期(2~3月)。

決勝は、10月半ば~11月初めに行われます。

大会はJリーグと並行して実施されるため、週末に開催ができません。

そのため、決勝以外の試合は基本的に平日開催、それも水曜日に実施されることが多いです。

決勝だけはさすがに休日開催で、その週はJ1リーグの方が休みになります。

天皇杯との違い

Jリーグのチームが参加するカップ戦には、ルヴァンカップの他に天皇杯もあると思ったけど。違いは何?

1番の違いは、出場資格です。

ルヴァンカップの出場資格は、既に書いた通り「J1全チームと、J2の一部チーム」に限定されています。

一方、天皇杯にはそうした限定がありません。

天皇杯は「オープンカップ」と呼ばれるカップ戦で、J2、J3はもちろん、社会人チームや大学生チームなど、アマチュアチームも参加が可能です。

もう少し正確に言うと、「日本サッカー協会に第1種登録されているチームなら、出場可能」ということになります。

※天皇杯も、ルヴァンカップ同様国内3大タイトルの1つです。国内3大タイトルについては、「【Jリーグ】国内三大タイトルの重要度はこうなってます」でも紹介しています。

優勝賞金と特典

ルヴァンカップでは、3位まで賞金が出ます。

具体的な賞金額は次の通り。

  • 優勝:1.5億円
  • 2位 :5千万円
  • 3位 :2千万円

優勝チームには賞金の他に、

Jリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦

への出場権が与えられます。

なお、ACL出場権は、ルヴァンカップ王者には与えられません。

ルヴァンカップは、ACL出場とは無関係な大会となっています。

※2020年大会についてはコロナ禍のため、賞金額が半分になっています。

ルヴァンカップの大会方式

ルヴァンカップには、次の3つのステージが存在します。

  1. グループステージ
  2. プレーオフステージ
  3. プライムステージ

「グループステージ」と、「プライムステージ」については、W杯のような大会をイメージしていただければわかりやすいかと思います。

対応関係は、次の通り。

  • グループステージ
    → グループリーグ
  • プライムステージ
    → 決勝トーナメント

一方、「プレーオフステージ」は、他の大会ではあまり見られない方式かもしれません

こちらもまあ、名前の通りではあるのですが、内容はグループステージを突破したチームによって実施される「プライムステージ出場チーム決定戦」です。

すなわち、グループステージから参加するチームは、グループステージを突破しただけではプライムステージに進出することができず、プレーオフステージでも勝ち残る必要がある、ということになります。

※なお、2020年についてはコロナ禍による日程変更で、プレーオフステージが廃止となっています。

ACL本戦出場チームはプライムステージから参加

ルヴァンカップの出場資格が「J1全チームと、J2の一部チーム」であることは既に何度かご紹介しました。

しかしながら、出場全チームがグループステージからの参加になるわけではありません。

ACL本戦出場チームはプライムステージからの参加となります。

これは、ACL出場チームへの救済措置と考えておけばいいでしょう。

ACL本戦出場チームが、ルヴァンカップもグループステージから参加、となると、そのチームはかなりの試合数をこなさなければならなくなってしまいますからね。

なお、この措置はあくまでACL本戦に出場したチームが対象です。

ACLプレーオフで敗退したチームには、この救済措置はありません。

他のチーム同様、グループステージからの参加となります。

グループステージ

ACL本戦出場チームがプライムステージからの参加となるため、グループステージ、プレーオフステージの勝ち残り条件は、ACL本戦出場チーム数によって微妙に変わります。

が、すべてを説明すると長くなりすぎるため、ここからは過去最も多い「ACL本戦出場が4チーム」のケースを例としてご紹介していきます。

グループステージのレギュレーションは、以下の通り。

参加 ・ACL本戦出場を除く16チーム
(J1 14チーム、J2 2チーム)
方式 ・出場16チームを、4チームずつ4グループに分ける
・グループ内でホーム&アウェー方式のリーグ戦を実施
勝ち抜き条件 ・各グループ上位2チームがプレーオフステージ進出

ここで出場16チームが、8チームに絞られます。

※なお、2020年についてはコロナ禍の影響で、ホーム&アウェーではなく1回戦総当たり方式(各チームと1回ずつ試合)になっています。

プレーオフステージ

プレーオフステージのレギュレーションは、次の通りです(引き続き、ACL本戦に4チームが出場しているケースになります)。

方式 ・グループステージ1位と2位がホーム&アウェー方式で対戦
勝ち抜き条件 ・2戦合計の得点数が多いチームがプライムステージ進出
・得点数が同じ場合はアウェーゴールルール適用

グループステージを勝ち抜いた8チームが、ここで4チームに絞られます。

なお、

アウェーゴールルールって何だっけ?

という方は「適用されるのはどんなとき? 「アウェーゴールルール」について紹介します【サッカー】」で紹介していますので、参考にしてみてください。

プライムステージ

プライムステージからは、シードされていたACL本戦出場組も参加してきます。

レギュレーションは、次の通り。

参加 ・ACL本戦出場4チーム
・プレーオフステージを勝ち上がった4チーム
方式 ・ノックアウト方式のトーナメント
・準決勝まではホーム&アウェーの2回戦制
決勝は中立地での1発勝負
勝ち抜き条件 ・2戦合計の得点数が多いチームが勝者
・得点数が同じ場合はアウェーゴールルール適用

基本はホーム&アウェーの2回戦制で実施されますが、決勝だけは、中立地での一発勝負となります。

中立地って、どこのこと?

1998年から2013年までは、国立霞ヶ丘競技場(旧国立競技場)で行われていました。

旧国立競技場が改修のため閉鎖になった2014年からは、埼玉スタジアム2002で実施されています。

埼玉スタジアムは浦和レッズのホームスタジアムなので、厳密な意味での中立地ではないですけどね……

ただ、それを言い出すと、国内3大タイトルの決勝戦を行うのにふさわしい会場は、どこにもなくなってしまいます。

なお、ついでに付け加えておくと、浦和は埼玉スタジアムが決勝会場になっていた期間に1度だけ決勝に進出し、優勝しています(2016年)。

※2020年についてはコロナ禍の影響で、プライムステージもホーム&アウェーの2回戦制ではなく、1回戦制となっています。

ルヴァンカップの歴代優勝クラブについては、「ルヴァンカップの歴代優勝チームはこちら!大会の歴史も合わせて紹介します【Jリーグカップ】」という記事で紹介しています。参考までに。

ルヴァンカップの放送・配信

ルヴァンカップの放送・配信は、基本的に有料です(スカパー、もしくはフジテレビONE/TWO/NEXT)。

ただし、決勝戦だけはフジテレビ系列が地上波で生中継でやってくれるので、無料で視聴が可能です。

詳しくは、「ルヴァンカップの視聴方法は全部で5つ! 最も安く視聴する方法についても紹介します。」という記事で紹介しています。

興味のある方はご覧ください。

なお、ルヴァンカップの試合は、DAZNでの配信はありませんのでご注意ください。

ルヴァンカップは狙い目?

ルヴァンカップと他の2つの「国内3大タイトル」との違いは、「【Jリーグ】国内三大タイトルの重要度はこうなってます」でもご紹介していますが、ルヴァンカップには、

初タイトルがルヴァンカップというチームが多い

という特徴があります。

初タイトルのチーム数

チーム数
J1リーグ 6
天皇杯  5
ルヴァンカップ 8

上の表の通りで、初タイトルがルヴァンカップだった、というチームは、国内3大タイトルの中で最多

具体的なチーム名は、

  1. 東京V(1992年)
  2. 清水(1996年)
  3. 柏(1999年)
  4. 浦和(2003年)
  5. FC東京(2004年)
  6. 千葉(2005年)
  7. 大分(2008年)
  8. C大阪(2017年)

となっています。

国内3大タイトルの1つなので、簡単に取れるわけではないのは間違いないですが……

とはいえ、まだタイトルを取ったことのないチームからすると、ルヴァンカップは狙い目と言えるかもしれません。

ルヴァンカップとは:まとめ

本記事では、日本サッカーの国内3大タイトルの1つである、ルヴァンカップについて紹介しました。

グループステージの後にプレーオフステージがあるのが、ルヴァンカップの特徴です。

W杯や欧州CL、ACLのように、「グループリーグ&決勝トーナメント」という方式を採用している大会では、「グループリーグを勝ち抜くと、すぐに決勝トーナメント」というケースが多いので、注意が必要です。

もっとも、ルヴァンカップのプレーオフステージも2017年に追加された方式ではあるんですけどね(現在と同じ方式になったのは、2018年から)。

今回は、以上です。