サッカー

天皇杯を視聴する方法は、全部で4つ! 目的別のおすすめ視聴方法も紹介します。【サッカー】

こんにちは、早起きラガードです。

サッカーの天皇杯が見たい! どうしたらいい?

今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事からわかること
  • 天皇杯の視聴方法は全部で4つ
  • 全試合視聴する方法はない
  • 視聴方法は目的別に選ぼう

詳しく、紹介していきます。

天皇杯の視聴方法は全部で4つ

天皇杯をテレビ・ネットで見るには、現在次の4つの方法が存在します。

  1. スカパー(サッカーセット)
  2. NHK-BS
  3. NHK総合
  4. JFA-TV

この中で、多くの方に耳馴染みがないのは、おそらくJFA-TVなんじゃないかと思います。

JFA-TVは、日本サッカー協会(JFA)の公式YouTubeチャンネル

日本サッカー協会の公式HP内に専用のページが設けられています。

JFA TVのYouTubeページ

出典:「JFA TV」YouTubeチャンネル

YouTubeでも、検索すれば上のようなチャンネルがすぐに出てきます。

このJFA-TV、実はダイジェストであれば、天皇杯を全試合配信してくれています。

ただ、さすがにフルタイムでの全試合配信はありません。

天皇杯の全試合放送・配信はない

天皇杯は、日本三大タイトルの一つに数えられる大会です。

【Jリーグ】国内三大タイトルの重要度はこうなってますこんにちは、早起きラガードです。 日本のサッカーで「国内3大タイトル」といえば、次の3つのことを指します。 J1リー...

ですが、この大会、全試合放送・配信をやってくれるところはありません。

既にご紹介した4つの視聴方法の放送・配信状況は、次の通り。

視聴方法 放送・配信
スカパー ・1~3回戦は注目試合を放送
・ベスト16以降、全試合放送
・NHKが放送する試合は録画
NHK-BS ・2回戦~準々決勝まで放送
・放送は各1試合

・生中継
NHK総合 ・準決勝、決勝のみ全試合生中継
JFA-TV ・1回戦をライブ配信した実績あり

最も放送試合の多いスカパー(サッカーセット)でも、全試合配信はベスト16(4回戦)からです。

1回戦から3回戦の放送は、一部のみ。

2019年の放送実績は、次のようになっていました。

放送 総試合数
1回戦 2試合 24試合
2回戦 6試合
(1試合は録画)
32試合
3回戦 5試合
(1試合は録画)
16試合

2回戦、3回戦は、放送する試合がNHK-BSと重なったため、録画中継が1試合ずつ含まれています。

天皇杯はNHKが共催になっている

NHKと重なった場合、スカパーの方が録画中継になってしまうのはどうして?

天皇杯は、NHKが共催となっているからです。

NHK共催の記載(JFA公式HP)
出典:JFA公式HP

日本サッカー協会(JFA)のHPにも、しっかり記載があります。

ここで言うNHKとは、当然ながらNHK-BS、NHK総合の両方です。

この影響が大きいのは、準決勝以上ですね。

準々決勝までならNHK-BSが1試合放送するだけなのですが、準決勝以上になると、NHK総合の全試合生中継になってしまいます。

NHK総合は、テレビさえ持っていれば誰でも視聴できてしまいますからね。

そこが生中継をやるとなると、録画中継になってしまうスカパーはかなり分が悪くなってしまいます。

スカパーオンデマンドでの配信はない

テレビが録画でも、スカパーオンデマンドでは生中継にはならないの? ルヴァンカップではそういうのがあったと思うんだけど。

確かに、ルヴァンカップはテレビで録画中継しかなくても、スカパーオンデマンドを利用すれば生中継での視聴が可能でした。

ルヴァンカップの視聴方法は全部で5つ! 最も安く視聴する方法についても紹介します。こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 詳しく、紹介していきます。 ルヴァン...

ただ、残念ながら、天皇杯に関してはそうした救済措置はありません。

というのも、そもそも天皇杯はスカパーオンデマンドでの配信がないからです。

配信がないから、生で見ることができない…… 当たり前の話ですが、スカパー加入を検討されている方は注意してください。

天皇杯を全試合視聴可能な方法がない、2つの理由

どうして天皇杯は全試合見る方法がないんだろう…… おなじ国内三大タイトルのJリーグやルヴァンカップは全試合放送や配信があるのに。

理由として考えられるのは、次の2つです。

  1. 1・2回戦の試合数が多いため
  2. アマチュアチームが含まれているため

全試合放送・配信がない理由その1:1・2回戦の試合数が多い

Jリーグやルヴァンカップと違って、天皇杯はJリーグに加盟しているプロクラブのみが参加する大会ではありません。

アマチュアも参加可能で、本大会には何と88チームが出場します。

1回戦からトーナメント方式で行われる大会で、優勝するには7試合勝ち抜く必要があるのですが、それぞれのステージでの試合数は次のようになっています。

ステージ 試合数
1回戦 24試合
2回戦 32試合
3回戦 16試合
4回戦 8試合
準々決勝 4試合
準決勝 2試合
決勝 1試合

2回戦の試合数が1回戦より増えているのは、ここからJ1とJ2のチームが参加してくるからです(J1、J2のチームは1回戦免除)。

1回戦だけで、24試合。2回戦に至っては32試合もあります。

各ステージは基本的に1日もしくは2日で開催されますから、これらをすべて放送・配信しようと思うとかなり大変です。

J1リーグ、J2リーグすべて合わせても、1節の試合数は20ですからね(J1が9、J2が11)。

この試合数が、いかに多いかお分かりいただけるかと思います。

全試合放送・配信がない理由その2:アマチュアチームが含まれている

もう一つの理由は、アマチュアチームが含まれているためです(個人的には、こちらの理由の方がメインなんじゃないか、と思っています)。

天皇杯はアマチュアも出場可能な大会ですから、当然アマチュア同士の対戦や、プロ対アマチュアの対戦も行われます。

ただ、そうした試合はどうしてもプロ対プロの対戦と比較すると、見劣りしがちですよね。

プロ対アマチュアの場合でも、プロ側が大きくメンバーを落としていたりします。

そうした状態で全試合中継をやるとなると、魅力に乏しいプロ対プロ以外の試合を多く中継することになってしまいます。

放送・配信側としては、そうした試合の中継は避けたいところでしょう。

そこで、ある程度ステージが進んで、プロ対プロの対戦が多くなってきた段階からの全試合中継にする、ということになったのだろうと考えられます。

天皇杯の視聴方法は、目的によって決めよう

天皇杯を、全試合見る方法がないのはわかったよ。で、4つあるっていう視聴方法のうち、どれを選べばいいのかな?

どの視聴方法を選ぶかは、人によって好みが分かれるところかもしれません。

本ブログがおすすめするのは、「目的に応じて、複数の視聴方法を組み合わせる」やり方です。

できるだけ多くの試合を見たいなら、スカパー → NHK総合

天皇杯の試合を、できるだけ多く見たい!

という方におすすめする視聴方法は、

スカパーとNHK総合の合わせ技

です。

本記事で取り上げた4つの方法のうち、最も多くの試合を中継してくれるのはスカパー(サッカーセット)です。

1回戦から決勝まで中継がありますから、

スカパーだけで十分!

と考えてしまいそうですが、ここで注意しなければならないのは、NHKが放送する試合は、スカパーでは録画中継になってしまう、という点。

既にご紹介した通り、準決勝以上の試合は、NHK総合で全試合生中継があります。

NHKで放送がある試合は、スカパーでは録画中継になってしまいますから、準決勝以上はNHK総合に任せた方が、どう考えてもいいですよね。

一方、ベスト16と準々決勝を全試合中継してくれるのはスカパーだけです。

ですから、できるだけ多く天皇杯の試合を楽しみたい、という方には、

  • 1回戦から準々決勝まで → スカパー
  • 準決勝以上 → NHK総合

という組み合わせがおススメです。

応援しているチームの試合だけ見たい!という方は、NHK-BSを基本に、必要に応じてスカパー契約

別に、たくさん試合が見たいわけじゃないんだけど……  見たいのは応援してるチームの試合だけだから

という方におすすめなのは、

NHK-BSを基本に、必要に応じてスカパーと契約する

という方法です。

これだけだとピンとこないかもしれませんが、やることはいたってシンプル。

  • NHK-BSで見たいクラブの中継がある → NHK-BSで視聴
  • NHK-BSで見たいクラブの中継がない → スカパーと契約

これだけです。

この方法の良いところは2つ。

  1. NHK-BSを優先しているので、生中継で視聴できる
  2. スカパー契約が不要の場合、コストが抑えられる

この方法が有効なのは、NHK-BSで放送がある2回戦から準々決勝までです。

準決勝以上は、NHK総合一択と言っていいでしょうね。

なお、どの試合がNHK-BSの中継対象となるかは、NHKや日本サッカー協会のHPで確認できます。

とにかくお金をかけたくない!という方は、準決勝以上だけをNHK総合で

NHK-BSもスカパーも金がかかる! とにかく金をかけずに天皇杯を見たい!
  • コスト重視
  • 視聴できない試合があっても仕方がない

という方は、NHK総合で準決勝以上の試合を楽しみましょう。

応援しているチームがある方は、準決勝まで勝ち上がってくれることを祈るのみ、ですね。

普段と違う選手が見られるのも、天皇杯の楽しみ方

というわけで、天皇杯の視聴方法についてお伝えしてきました。

アマチュアとの対戦で、プロ側がメンバーを落とすことがある、と書きましたが、そうした普段のリーグ戦では見られない選手のプレーが見られる、というのも、天皇杯の一つの楽しみ方だったりします。

そういう意味でも、NHK-BSとスカパーの合わせ技で、応援しているクラブの試合を漏れなく視聴する、というのが個人的にはおすすめですね。

準決勝以上は地上波でやるんだから、それが一番おトクだろ!

と思われる方もいるかもしれませんが、そこまで勝ち残れる保証はどのクラブにもないですからね。

準々決勝までで負けてしまったら、その年は応援しているクラブの天皇杯での試合をまったく見られなかった、ということになってしまいます。

今回は、以上です。

※関連記事です。

天皇杯決勝が元日開催なのはなぜ? 理由は「明治神宮」にあった。こんにちは、早起きラガードです。 日本の正月の風物詩の一つ、「天皇杯決勝」。 元日の午後、NHKで生中継されるこの試合は、サ...