Jリーグ

Jリーグのチーム数は50以上! チームがない県についても紹介します

こんにちは、早起きラガードです。

Jリーグって、今何チームくらいあるんだっけ? チームがない県もあるのかな?

今回は、こんな疑問にお答えします。

なお、結論を先に言ってしまうと、2020年の状況は、

  • Jリーグのチーム数は59
  • Jリーグのチーム数は今も増えている
  • Jリーグのチームがない県は8つ

となっています。

詳しく、見ていきます。

どこまでがJリーグのチーム?

チーム数について紹介する前に、どこまでJリーグのチームなのかを明らかにしておきましょう。

Jリーグには現在、3つのカテゴリがあります。

  • J1リーグ
  • J2リーグ
  • J3リーグ

Jリーグというと、最上位カテゴリのJ1だけ、もしくはJ1とJ2だけをイメージされる方が多いかもしれませんが……

実際にはJ3までがJリーグです。

Jリーグっていうのは、J1、J2、J3のことなんだね!

ということを、まずは押さえておいていただければと思います。

Jリーグのチーム数は?

Jリーグには現在、59のチームが存在します。

いつの間にそんなに増えたんだ! 最初は10チームぐらいしかなかったはずだぞ!

という方もいらっしゃるかもしれませんが、これはもちろんJ1、J2、J3を合計した数字です。

カテゴリごとのチーム数は、次の通り(2020年現在)。

  • J1:18チーム
  • J2:22チーム
  • J3:19チーム

J2が最も多く、続いてJ3、最後がJ1という順番になっています。

J1リーグのチーム

2020シーズンのJ1リーグ参加18チームは、次の通り。

前年順位 チーム名
1 横浜F・マリノス
2 FC東京
3 鹿島アントラーズ
4 川崎フロンターレ
5 セレッソ大阪
6 サンフレッチェ広島
7 ガンバ大阪
8 ヴィッセル神戸
9 大分トリニータ
10 北海道コンサドーレ札幌
11 ベガルタ仙台
12 清水エスパルス
13 名古屋グランパス
14 浦和レッズ
15 サガン鳥栖
16 湘南ベルマーレ
J2 1位 柏レイソル
J2 2位 横浜FC

なお、Jリーグにはカテゴリ間で昇格・降格が存在するため、参加チームは常に同じではありません。

最大で、3チームが入れ替わります。

2020シーズンは、柏レイソル、横浜FCがJ2から昇格してきました。

Jリーグの昇格・降格については、以下の記事をご覧ください。

Jリーグの昇格と降格の仕組みはこうなってます【2019年版】 ※Jリーグの昇格と降格については、こちらで最新情報を紹介しています。 こんにちは、早起きラガードです。Jリーグを、開幕初年度から追...

J2リーグのチーム

2020シーズンのJ2リーグ参加22チームは、次の通り。

前年順位 チーム名
J1 17位 松本山雅FC
J1 18位 ジュビロ磐田
3 大宮アルディージャ
4 徳島ヴォルティス
5 ヴァンフォーレ甲府
6 モンテディオ山形
7 水戸ホーリーホック
8 京都サンガF.C.
9 ファジアーノ岡山
10 アルビレックス新潟
11 ツエーゲン金沢
12 V・ファーレン長崎
13 東京ヴェルディ
14 FC琉球
15 レノファ山口FC
16 アビスパ福岡
17 ジェフユナイテッド千葉
18 FC町田ゼルビア
19 愛媛FC
20 栃木SC
J3 1位 ギラヴァンツ北九州
J3 2位 ザスパクサツ群馬

J1とJ3、両方への昇格・降格が存在するJ2リーグは、現在のところ、Jリーグの中で最も多くチームの入れ替わるリーグです。

J1との間で、最大3チーム。J3との間では、最大2チームが入れ替わります。

2020シーズンは、松本山雅、ジュビロ磐田がJ1から降格してきました。

一方、J3からはギラヴァンツ北九州とザスパクサツ群馬が昇格しています。

J3リーグのチーム

2020シーズンのJ3リーグ参加19チームは、以下の通り。

前年順位 チーム名
J2 21位 鹿児島ユナイテッドFC
J2 22位 FC岐阜
3 藤枝MYFC
4 カターレ富山
5 ロアッソ熊本
6 セレッソ大阪U-23
7 ガイナーレ鳥取
8 ブラウブリッツ秋田
9 AC長野パルセイロ
10 ヴァンラーレ八戸
11 福島ユナイテッドFC
12 アスルクラロ沼津
13 Y.S.C.C.横浜
14 カマタマーレ讃岐
15 SC相模原
16 FC東京U-23
17 ガンバ大阪U-23
18 いわてグルージャ盛岡
JFL 3位 FC今治

J3リーグの場合、J2との間で最大2チームの入れ替わりが発生します。

2020シーズンは、鹿児島ユナイテッドFCFC岐阜J2から降格してきました。

また、新たにJリーグに入会したチームは、まずはJ3リーグに参加することになります。

そのため、J3リーグの場合、チームの入れ替わりだけでなく、チーム数の増加も発生するのです(2020シーズンは、FC今治が新規入会)。

Jリーグのチーム数は、今も増えている

Jリーグのチーム数は、現在も増えています。

というのも、Jリーグでは全体のチーム数に上限は設けられておらず、条件さえ満たせば、入会することが可能だからです。

増えているのは、J3のチーム

Jリーグ全体でのチーム数は、増えています。

ですが、実際に増加しているのはJ3リーグのチーム数だけです。

J1リーグは2005年から、J2リーグは2012年から現在のチーム数に固定されており、これ以上の増減は予定されていません。

  • J1:18チーム(2005年~)
  • J2:22チーム(2012年~)

どこまでチーム数を増やそうとしている?

チーム数の具体的な目標について、Jリーグから公式に発表されたものはありません。

ただ、Jリーグは理念として、

  • 豊かなスポーツ文化の醸成

を具現化することを目指しており、

  • Jリーグのチーム(クラブ)をその核となる存在として位置付けている

という事情も考慮すると、チーム数の増加を歓迎している、と考えて間違いないでしょう。

クラブの目指すもの
Jリーグは「地域に根差したスポーツクラブ」を核として、誰もが生涯を通じてスポーツを楽しめる環境をつくり、Jリーグの理念の一つである「豊かなスポーツ文化の醸成」を具現化することを目指しています。

Jリーグ公式サイト

Jリーグのチーム数は、どのように推移してきたか

1990年代(1993~1999年)

1990年代の、Jリーグのチーム数は次のように推移していました。

年度 J1(Jリーグ) J2 J3
1993 10 存在せず 存在せず
1994 12
1995 14
1996 16
1997 17
1998 18
1999 16 10

1993年に、10チームで始まったJリーグ。このときの10チームは、オリジナル10と呼ばれています。

当初は一部リーグ制だったため、J1やJ2といった呼称はなく、Jリーグと言えば、今のJ1に相当するリーグのことだけを指していました。

90年代は毎年チームが増えていましたが、1999年にJ2がスタートすると、Jリーグ全体のチーム数は前年の18から26まで増加します。

 

※関連記事です。

J2降格経験のないオリジナル10のクラブは? J2のオリジナル10についても紹介しますこんにちは、早起きラガードです。 今回はこんな疑問に答えるのと、オリジナル10にまつわるいくつかの事柄を紹介します。 ...

2000年代(2000~2009年)

2000年代のチーム数の推移は、次の通り。

年度 J1 J2 J3
2000 16 11 存在せず
2001 16 12
2002 16 12
2003 16 12
2004 16 12
2005 18 12
2006 18 13
2007 18 13
2008 18 15
2009 18 18

J1リーグのチーム数は、2004年にJリーグの理事会で「翌年から18に増やす」ことが決められ、2005年から18チームとなりました。

2005年以降、現在に至るまで18のまま変わっていません。

一方J2は、2008年7月の理事会でチーム数を22まで増やすことが決定され、その方針に基づいて2000年代終わりになっても増加が続きました。

2010年代(2010~2019)

年度 J1 J2 J3
2010 18 19 存在せず
2011 18 20
2012 18 22
2013 18 22
2014 18 22 12
2015 18 22 13
2016 18 22 16
2017 18 22 17
2018 18 22 17
2019 18 22 18

J2リーグのチーム数が、2012年に22に到達。以降、J2リーグのチーム数は、J1同様変化しません。

J3リーグは、2014年にスタートしました。

当初の12チームから、5年後の2019年には1.5倍の18まで拡大しています。

Jリーグのチームがない県は?

これまで見てきた通り、J1からJ3まで合わせると、Jリーグには50以上のチームがあります。

ですが、まだ「1都1道2府43県すべてにJリーグのチームが存在する」というところまでは、いっていません。

以下の8つの県には、まだJリーグのチームがないからです。

Jリーグのチームがない県
  1. 福井
  2. 滋賀
  3. 三重
  4. 和歌山
  5. 奈良
  6. 島根
  7. 高知
  8. 宮崎

8県に今後Jリーグのチームが生まれる可能性は?

次の2県には、近い将来Jリーグのチームが生まれる可能性があります。

  • 奈良
  • 宮崎

この2つの県には、Jリーグ新規入会の条件である「Jリーグ百年構想クラブ」の認定を受けたチームが存在するからです。

具体的なチーム名は、次の通り。

  • 奈良クラブ
  • テゲバジャーロ宮崎

今のところ、よりJリーグに近いのは、JFL(J3のすぐ下のカテゴリ)に在籍しているテゲバジャーロ宮崎です。

最も多くJリーグのチームがある県は?

神奈川県です。

1つもチームがない県もある中で、神奈川には何と6チームが存在しています。

神奈川のJリーグチーム
  1. 横浜F・マリノス
  2. 川崎フロンターレ
  3. 湘南ベルマーレ
  4. 横浜FC
  5. Y.S.C.C.横浜
  6. SC相模原

2020シーズンは、このうち4チームがJ1リーグ在籍。

神奈川勢は、Jリーグの一大勢力となっています。

まとめ:Jリーグのチーム数は、今も増えている

おさらいです。

  • Jリーグのチーム数は59
  • Jリーグのチーム数は今も増えている
  • Jリーグのチームがない県は8つ

Jリーグのチームがない県は、全国で8つ。

ということは、残り39都道府県には、Jリーグのチームが存在していることになります。

今まで知らなかったけど、自分の住んでいる地域にもJリーグのチームがあったんだ!

なんていうことも、あるかもしれません。

そしてもし、地元のJリーグチームに興味が湧いたら、実際に試合を見てみるといいでしょう。

直接スタジアムに足を運んでもいいですし、テレビやネットで見てもいいと思います。

DAZNなら、J1だけでなく、J2、J3も全試合配信してくれていますし、1ヶ月の無料視聴期間もありますからね。

 

DAZNはこちらから申し込むことができます。


今回は、以上です。