Jリーグ

確実なJ1残留には、このぐらいの勝ち点が必要です【過去の実績より】

こんにちは、早起きラガードです。

今回は、

 

Jリーグファン
Jリーグファン
J1残留に必要な勝ち点って、どのくらいなんだろう?

 

という疑問について、過去の実績を元に考えます。

なお、先に結論を言ってしまうと、

  • J1残留確実と言えるのは、勝ち点42
  • 勝ち点36以上で、15位以上確保の可能性が高くなる

となります。

J1残留が確実な勝ち点は?

勝ち点42以上で残留確実

現在のJ1リーグで残留確実と言えるのは、勝ち点42以上を獲得した場合です。

勝ち点42以上を獲得できれば、プレーオフ参加もなく無条件で残留が可能です。

理由はシンプル。J1が現在と同じ18クラブ体制になってから、勝ち点42以上で降格したケースが存在しないからです。

J1残留の条件

いきなり結論から書いてしまいましたので、もう少し詳しく説明していきます。

現在、J2降格のレギュレーションは次のようになっています。

15位 無条件で残留
16位 J1参入プレーオフに参加
17位 自動降格
18位 自動降格

J1リーグの参加クラブ数は18なので、最下位(18位)と下から2番目(17位)が問答無用で降格。

下から3番目の16位が、J2の3位~6位のクラブと「J1参入プレーオフ」という入れ替え戦に参加します。

※Jリーグの昇格・降格について詳しく知りたい方は、こちら。

Jリーグの昇格と降格の仕組みはこうなってます【2019年版】 ※Jリーグの昇格と降格については、こちらで最新情報を紹介しています。 こんにちは、早起きラガードです。Jリーグを、開幕初年度から追...

つまり、J1残留には、

  1. J1リーグで15位以上になる
  2. 16位になって、J1参入プレーオフを勝ち抜く

のどちらかを達成する必要がある、ということになります。

このうち「勝ち点42以上」というのは、「①15位以上」を確実に満たすことが可能な数字になります。

「勝ち点42」の出どころ

では、「勝ち点42」という数字がどこから出てきたのでしょうか。

既に書いた通り、過去の実績からなのですが、これをもう少し丁寧に説明すると

J1リーグが現在と同じ18クラブ体制になった2005年以降、勝ち点42以上で16位以下になったケースはない。

となります。

2005年から2018年までの14年間で、16位の最高勝ち点は、2018年ジュビロ磐田の勝ち点41でした。

これ以上の勝ち点で16位以下に甘んじたクラブは、2005年以降存在していません。

ここから、「過去の実績から考えた場合、勝ち点42以上を獲得すれば、15位以上の順位が確保できる」ということができます。

J1残留確保の目安となる勝ち点は?

残留ラインは勝ち点36

過去の実績から、勝ち点42以上を獲得すれば確実にJ1残留が可能なことはわかりました。

ただ、実際にはすべてのクラブが勝ち点42以上を獲得して残留しているわけではありません。もっと少ない勝ち点で残留に成功したケースは、たくさんあります。

では、15位を確保するために必要な勝ち点は、一体どのくらいなのか。

これも、過去の実績から考えてみます。

2005年から2018年までの14年間で、15位になったクラブの勝ち点は次の通り。

勝ち点 クラブ数
42~44 1
39~41 4
36~38 5
33~35 3
30~32 1

※勝ち点を3刻みにしているのは、Jリーグでは1勝=勝ち点3だからです。勝ち点30~32の範囲は、勝利数に直すと「10勝以上11勝未満」、同じく33~35は「11勝以上12勝未満」となります。

過去14年間の15位クラブで、最も多い勝ち点帯は36~38。それに続くのが39~41となっています。

その回数、14年間で実に9回。全体のおよそ65%に相当します。

このことからわかるのは、36~41の範囲の勝ち点を獲得すれば、15位になる可能性が高いということ。

ただ、本来の目的は「15位になること」ではなく「残留に成功すること」なので、15位以上であれば14位でも13位でも構いません。

という訳で、上限の設定は不要。

すると勝ち点36以上を獲得すれば、15位以上確保の可能性が高くなることがわかります。

勝ち点36以上でも、残留確定(15位確保)できなかったケースは?

当然存在します。

過去の実績から、残留確実と言えるのは勝ち点42以上ですからね。

勝ち点36以上で16位に甘んじたケースは次の通り。

年度 クラブ 勝ち点
2008 磐田 37
2010 FC東京 36
2012 神戸 39
2018 磐田 41

14年間で、4度存在しています。

勝ち点39とか41とかで16位というのは、ちょっと辛いですね。

ちなみに2012年は16位までが自動降格のレギュレーションだったので、この年の神戸は勝ち点39を獲得していながら、J2降格の憂き目に遭ってしまいました。

勝ち点36以上で、17位以下もある?

あるんです、これが。しかも過去14年間で、3回も。

年度 クラブ 勝ち点
2008 東京V 37
2012 G大阪 38
2018 39

勝ち点37以上で17位は、かなりツライですね。2018年の柏は、勝ち点39ですからね……

なお、この3クラブはいずれもこの降格(17位は自動降格)以前に、J1リーグでの優勝経験があります。

実力のあるクラブでも、少し歯車が狂っただけで降格が現実味を帯びてきてしまうのが、Jリーグの怖いところでもあります。

まとめ:今のところ、J1残留確実と呼べるのは勝ち点42以上

  • J1残留確実と言えるのは、勝ち点42
  • 勝ち点36以上で、15位以上確保の可能性が高くなる

無条件でのJ1残留(15位以上確保)を目的とする場合、最初の目標となるのは、勝ち点36の獲得です。

これを超えると残留の可能性はぐっと高まりますが、確実とまでは言えない。

 

Jリーグファン
Jリーグファン
よしよし、今年は降格はなさそうだな

 

そう安心するためには、勝ち点42以上を獲得する必要があります。

ただ、この勝ち点42という数字も、当然ながら永遠にこのままではないです。

過去の実績から導き出された数字ですからね。今後記録が更新される可能性は、十分あります。

勝ち点42は、あくまで、今のところ。

ただ、そう簡単に更新される数字とも思えないので、当分は勝ち点42以上で残留確実と考えていていいと思います。

今回は、以上です。