サッカー

スタジアムによって違う? サッカーグラウンドのサイズを紹介します

こんにちは、早起きラガードです。

サッカーのグラウンドって、スタジアムによって違うって聞いたけど、そんなことあるのかな?

今回は、こんな疑問について紹介します。

なお、先に結論をお伝えすると、

  1. グラウンドサイズの違いは、ルール上はOK
  2. W杯などは、FIFAが決めたサイズで実施される
  3. FIFA推奨サイズでないスタジアムも存在する

詳しく、見ていきます。

サッカーのグラウンドとは?

「フィールド」や、「ピッチ」と呼ばれることもあるサッカーのグラウンド。

各部の名称は、次のようになっています。

ここでグラウンドのサイズとは、図の中で赤で示してある2つのラインの長さ、つまり、

タッチライン(m) × ゴールライン(m)

のことになります。

グラウンドのサイズは、すべて同じとは限らない

サッカーのグラウンドサイズは、「サッカー競技規則」の中で公式に決められています。

具体的には、以下の通り。

サッカーのグラウンドサイズ
  • タッチライン:90~120m
  • ゴールライン:45~90m

タッチラインで30m、ゴールラインに至っては45mもの違いがあります。なかなか広いですね。

国際試合ではもう少し細かく決まっていますが、それでも幅がある点は同じです。

国際試合のグラウンドサイズ
  • タッチライン:100~110m
  • ゴールライン:64~75m

この他に「タッチラインは、ゴールラインより長くなければならない」という条件はありますが、基本的にはこの範囲に収まっていれば、ルール上、グラウンドサイズに問題はないということになります。

そのため、スタジアムによってグラウンドのサイズが異なる、ということは起こり得るのです。

FIFAの推奨は105m×68m

公式で決まっているサッカーグラウンドのサイズには、幅があると紹介しました。

しかし、実はこれはFIFA(国際サッカー連盟)が定めたものではありません。

FIFAでは、ワールドカップやオリンピックでのグラウンドのサイズを、105m×68mと定めています。

そのため、

ワールドカップなのに、会場ごとにグラウンドの広さが違う……

というようなことは、起こりません。

そして日本でもこれに合わせて、国内で行われる国際試合や全国規模の大会では、グラウンドのサイズを105m×68mとすることが決められています。

日本国内での国際試合および国民体育大会等の全国的規模の大会での競技のフィールドの 大きさは105m×68mとする(1985年11月21日理事会決定)。 なお、FIFAは、ワールドカップ、オリンピック等の競技のフィールドの大きさを105m× 68mと定めている。

引用元:サッカー競技規則

Jリーグも105m×68m

Jリーグでは、グラウンドの大きさはどうなっているんだろう? やっぱりスタジアムによって違いがあるのかな?

違いは、ありません。

Jリーグは「Jリーグスタジアム基準」の中で、ピッチの寸法が「105m×68m」であることをかならず具備しなければならない条件としているからです。

参照:Jリーグ公式サイト「Jリーグスタジアム基準」

105m×68mは、FIFAの定めているサイズと同じ。つまり、Jリーグはワールドカップと同じ広さのグラウンドで、行われているということになります。

海外では、105m×68mでないスタジアムもある

ワールドカップで使用されている大きさであることから、105m×68mはグラウンドサイズの一つの基準であり、主流となっていますが、海外にはそこから外れたスタジアムも存在しています。

有名なところでは、以下の通り。

スタジアム サイズ
アンフィールド 101m×68m イングランド
スタンフォードブリッジ 101m×68m イングランド
エスタジオ・ド・マラカナン 110m×75m ブラジル
スタッド・ド・フランス 119m×75m フランス

かつてのイングランドには、105m×68mでないスタジアムがもう少しあったのですが、現在は減っています。

グラウンドのサイズを決めているのは、国際サッカー評議会(IFAB)

「サッカーのグラウンド(フィールド、ピッチ)サイズを決めているのは、FIFA(国際サッカー連盟)ではない」ことは、先ほどお伝えしました。

では誰が決めているのかというと、国際サッカー評議会(IFAB)という組織です。

国際サッカー評議会

国際サッカー評議会(IFAB)は、サッカーのルールや重要事項を決めている組織です。

前述の「サッカー競技規則」を制定しているのも、国際サッカー評議会です。

構成メンバーはFIFAとイギリス本土4協会(イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド)

イギリス本土4協会が特別扱いなのは、国際サッカー評議会自体が元々この4協会によって発足した組織だからです。

FIFAよりも早い、1886年に発足しています(FIFA設立は1904年)。

ただ、現在はFIFA4票、イギリス本土4協会がそれぞれ1票ずつという票数なので、どちらか片方だけで何かを決定する、ということはできないようになっています。

少年サッカーのグラウンドサイズは、大人の約半分

大人のサッカーグラウンドのサイズは、大体わかったよ。ところで、少年サッカーの場合はどうなってるんだっけ?

少年サッカーの場合、グラウンドサイズは大人用とは異なります。

大人と子供では身体の大きさが違うから、というのも理由にはあるのでしょうが、それ以前にそもそも少年サッカーは競技人数が違います。

11人ではないのですね。

少年サッカーの主流は8人制

サッカーファンでも、これはなかなか知らない話ではないかと思うのですが、現在、日本における少年サッカーの主流は11人制ではありません。8人制です。

全日本U-12サッカー選手権大会(旧称:全日本少年サッカー大会)も、2011年から8人制の大会になっています。

 日本サッカー協会(JFA)では、サッカーをプレーしているすべての子どもたちに 試合に出場する機会を与え、試合を通して選手として成長する機会を与えるために、「8人制サッカー」を導入することにしました。仲間と練習しているメンバー全員が試合に出て、試合を通して練習で身につけた技術や戦術を試してみる。試合の中で見つけた課題を練習してみる。このことが何より子どもたちを成長させることになります。

日本サッカー協会『8人制サッカー競技規則』より

8人制サッカーのグラウンドサイズは68m×50m

8人制サッカーのグラウンドサイズは、68m×50mです。

これはFIFA推奨の11人制のグラウンドサイズ105m×68mの、約半分に当たります。

11人制のグラウンドが1面あれば、8人制のグラウンドが2面取ることができる、ということですね。

なお、このグラウンドサイズは、日本サッカー協会(JFA)によって決められたものになります。

8人制は何歳まで?

「全日本U-12サッカー選手権大会」の名称からも明らかですが、対象は12歳以下です。

つまりは小学生までですね。

中学生以上は11人制が主流となりますので、「サッカー競技規則」に従うことになります。

ラグビーとサッカーのグラウンドは、ほぼ同じ大きさ

プレーするエリアはサッカーの方が広い

グラウンドの大きさでサッカーと比較されることの多いのが、ラグビー。

国際試合におけるプレーエリア(ラグビーでは「フィールドオブプレー」)のサイズ規定は、次のようになっています。

サッカー ラグビー
タッチライン 105m 100m
ゴールライン 68m 70m

面積にすると

  • サッカー:105m×68m=7,140平方メートル
  • ラグビー:100m×70m=7,000平方メートル

となり、サッカーの方がやや広いです。

「インゴール」まで加えると、ラグビーの方が広くなる

一方で、ラグビーのグラウンドには「インゴール」というエリアもあります。

詳細は、こちらのラグビー競技規則を参照していただきたいのですが、大雑把にいうと「ゴールラインの外側の、選手がボールを置くエリア」と考えておけばよいでしょう。

インゴールは、タッチライン側の長さ(タッチインゴール)が

  • 6~22メートル

と規定されていますので、最も短い6mを採用したとしても、

(100m+6m×2)×70m=7,840平方メートル

となり、サッカーの7,140平方メートルを上回ります。

まとめ:サッカーグラウンドのサイズは105m×68mが主流

おさらいです。

  1. グラウンドサイズの違いは、ルール上はOK
  2. W杯などは、FIFAが決めたサイズで実施される
  3. FIFA推奨サイズでないスタジアムも存在する

「サッカー競技規則」では、一定の幅を持って規定されているグラウンドサイズですが、実質的にはFIFAが推奨している105m×68mが公式サイズ、と考えておいてよさそうです。

ワールドカップやオリンピック、国内ではJリーグもすべてこのサイズを採用していますからね。

海外でも、改修などのタイミングでこのサイズに合わせるところが増えているようです。

今回は、以上です。