サッカー

【サッカーに詳しくなる方法】4つのステップで初級レベルをクリア! 試合観戦は少なくても大丈夫です。

こんにちは、早起きラガードです。

これからサッカーに詳しくなりたいんだけど、何をしたらいいんだろう?

サッカー観戦初心者のこんな疑問に対して、しばしば示される答えが、

とにかくたくさん試合を見ることだ!

というもの。

ただ、サッカー観戦歴25年以上の私からすると、この答えは必ずしも十分なものとは言えません。

というのも、闇雲に試合観戦を重ねるだけでは、サッカーに詳しくなることはできないからです。

そこで本記事では、サッカー観戦初心者に向けて「サッカーに詳しくなる方法(初級編)について、4つのステップでご紹介します。

【サッカーに詳しくなる方法】その1:ルールを知る

サッカーに詳しくなるためのステップその1は、「ルールを知る」です。

ルールと言っても、初めから細かいところまで覚えておく必要はありません。

審判を目指そうというわけではないですからね。

  • 試合は11人対11人で行われる
  • 試合時間は90分(前後半45分)
  • 勝利は勝ち点3、引分けは勝ち点2、負けは勝ち点0

等の、本当に基本的なところだけを押さえておけばOKです。

あとは試合を見ていて気になったときにネットで調べるなどして、知識を補っていけばいいでしょう。

サッカーのルールは、かなりシンプルです。直感的にわかりにくいのはオフサイドくらいですが、それも少し勉強すればすぐに理解できると思います。

ちなみに上で挙げた以外のルールで基本的なものとしては、

  • 1試合に交代できる選手は3人まで
  • 1度交代した選手の再出場はできない
  • 1試合にイエローカード2枚で退場
  • レッドカードは1枚で退場
  • イエローカードは累積4枚で次の試合出場停止
  • 手を使っていいのはペナルティエリア内のGKのみ

などがあります。

※交代選手やイエローカードの累積枚数は、試合や大会によって異なるケースもあります。

【サッカーに詳しくなる方法】その2:応援するクラブを決める

サッカーに詳しくなるためのステップその2は、「応援するクラブを決める」です。

やはり応援するクラブがあった方が、サッカーに対する興味もぐっと増しますし、知識の習得も早いですからね。

そう言われても、決め方がわからないんだけど。どうやったらいいの?

これは純粋に好みの問題なので、どのクラブを選んでいただいても構いません。

  • 知っている選手がいるクラブだから
  • 友だちが応援しているクラブだから
  • 世界的に有名なクラブだから

など、どんな理由でも結構です。

ただ、そうした取っ掛かりが何もない、という方もいると思いますので、そういう方向けに応援するクラブの決め方を次で紹介します。

Jリーグか、海外のリーグか

応援するクラブをどう決めたらいいかわからない、という方は、まずはJリーグのクラブにするか、海外のクラブにするかを決めましょう。

初心者はJリーグから、と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。いきなり海外のクラブの応援から始めるのも、アリです。

ただ、海外のクラブを応援する場合、次のようなデメリットはあります。

  • スタジアムでの生観戦が、頻繁にできない
  • 生中継を見るためには、夜更かしをする必要がある

一方、メリットとしては、

  • Jリーグより、レベルが高いことが多い
  • 最先端の戦術に触れることができる

などがあります(いずれも、欧州のトップリーグの場合です)。

Jリーグの場合は、メリットとデメリットが逆になります。

すなわち、メリットは、

  • スタジアムでの生観戦がしやすい
  • 生中継が深夜になることはない

デメリットは、

  • レベルは、海外(欧州)と比較すると落ちる
  • 戦術も最先端とは言い難い

となります。

海外なら、おすすめは欧州4大リーグ

やっぱりレベルが高い試合が見たいし、応援するクラブは海外にしようかな

その場合のおすすめは、欧州4大リーグのいずれかに所属するクラブです。

具体的には、以下の4つのリーグ。

  1. ラ・リーガ(スペイン)
  2. プレミアリーグ(イングランド)
  3. ブンデスリーガ(ドイツ)
  4. セリエA(イタリア)

欧州は、世界のサッカーの最先端であり、最高峰です。

欧州のクラブには、日本も含めた世界中から有力な選手が集まってきており、そのためプレーレベルも非常に高い。

その欧州の中でも上に挙げた4ヶ国のリーグが、最もレベルが高いと言われています。

2000-01シーズンから2018-19シーズンまでの19年間で、UEFAチャンピオンズリーグのベスト4に進出した各国のクラブ数(のべ)は次の通り。

ベスト4のクラブ数(のべ)
ラ・リーガ(西) 27
プレミアリーグ(英) 21
ブンデスリーガ(独) 11
セリエA(伊) 11
リーグ・アン(仏) 3
エール・ディビジ(蘭) 2
プリメイラ・リーガ(葡) 1

UEFAチャンピオンズリーグは、欧州のクラブNo.1を決める大会です。

その大会での成績が上の表の通りですから、ラ・リーガ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエAが何故4大リーグと呼ばれるのか、お分かりいただけるでしょう。

また、欧州4大リーグがいずれも日本で視聴可能(テレビやネットで中継がある)というのも、おすすめする理由の一つです。

あまりマイナーなリーグを選んでしまうと、試合を見るのに苦労するケースもありますからね。

※欧州4大リーグについては、こちらで詳しく紹介しています。

【サッカー】欧州4大リーグって? どのリーグも日本で視聴可能です。こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 詳しく、見ていきます。 サッカーの欧...

※プレミアリーグ、ラ・リーガについてはこちら。

プレミアリーグって、どんなリーグ? 視聴方法についても紹介します【イングランド】こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問についてお答えします。 ※なお、プレミアリーグという名前の付いた...
ラ・リーガとは? 日本で見る方法についても紹介しますこんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 詳しく、見ていきます。 ラ・リーガと...

※UEFAチャンピオンズリーグについては、こちらで紹介しています。

チャンピオンズリーグとは、どんな大会? 日本で見る方法についても紹介します【サッカー】こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 チャンピオンズリーグとは 5つのチャンピオンズリ...

Jリーグなら、地元クラブの応援がおすすめ

やっぱりJリーグのクラブがいいかな。日本のリーグだから身近に感じるし、スタジアム観戦にも行きたいし

Jリーグの場合、応援するクラブとしておすすめなのは、地元のクラブ。

理由はシンプルで、やはりスタジアム観戦に行きやすいからです。

生観戦がしやすいのが、Jリーグのクラブを応援する場合の大きな魅力ですからね。

なお、Jリーグで応援するクラブの決め方は、こちらでも紹介しています。

【サッカーに詳しくなる方法】その3:応援するクラブが出場する大会を知る

応援するクラブが決まったら、次にやることはそのクラブが出場する(できる)大会を調べることです。

プロのサッカークラブが1シーズンの間に参加する大会は、1つだけではありません。

同時に複数の大会に出場していることが、ほとんどです。

例えば、2019年の浦和は、

  • J1リーグ
  • Jリーグ杯(ルヴァンカップ)
  • 天皇杯
  • AFCチャンピオンズリーグ(ACL)

と、メジャータイトルだけでも4つの大会に出場していました。

自分が応援しているクラブがどの大会に出場しているかもわからないまま、試合観戦を重ねたも、1つの1つの試合に対して、

勝ったぞ! うれしい!
残念、負けちゃった……

という感想を抱くことくらいしかできません。

これはこれで、決して悪いことではないのですが(勝敗に一喜一憂するのは、スポーツ観戦の基本的な楽しみ方ですね)、「サッカーに詳しくなる」という目的からすると、少々物足りないものとなります。

「サッカーに詳しくなりたい」のであれば、目の前で行われている試合が、

  • どの大会の、どのような位置づけの試合なのか
  • その試合の結果に、どのような意味があるのか

ということは、把握しておきたいところです。

しかし、自分が応援しているクラブがどの大会に出場しているのかを知らなければ、それもできません。

このため、応援しているクラブを決めたら、次のステップとして「どの大会に出場しているか」を知る必要があるのです。

「出場している大会」を知る方法

自分の応援しているクラブが出場している大会を知ることの重要さはわかった。で、それってどうやって調べればいいの?

実は、これはまったく難しくありません。

次の3つを押さえておけば、ほぼOKだからです。

  1. 国内リーグ
  2. 国内カップ
  3. 国際大会

先ほどの、2019年の浦和の場合、

  1. 国内リーグ → J1リーグ
  2. 国内カップ → Jリーグ杯(ルヴァンカップ)、天皇杯
  3. 国際大会 → AFCチャンピオンズリーグ(ACL)

となります。

海外のリーグも、基本的にこれと同じです。

ラ・リーガのクラブだと、

  1. 国内リーグ → ラ・リーガ
  2. 国内カップ → コパ・デル・レイ
  3. 国際大会 → UEFAチャンピオンズリーグ、もしくはUEFAヨーロッパリーグ

といった感じ。

国内カップが1つか2つかの違いはありますが、基本的にはこの3つに分類される大会を押さえておけばOKです。

※実際には、この3つ以外の大会も存在しています(スーパーカップ、クラブW杯等)。ただ、タイトルの重要度や試合数を考えると、押さえておきたいのはこの3つになります。

【サッカーに詳しくなる方法】その4:応援するクラブを追いかける

サッカーの基本的なルールを理解し、応援するクラブが決まって、出場する大会を把握できたら、あとはそのクラブを追い掛けましょう。

追い掛けるといっても、選手にストーカーをするとか、アウェーで遠征しているチームの後を付けるとか、そういうことを言っているわけではありません。

ここで言う「追い掛ける」とは、応援するクラブの試合結果や順位を把握すること

得点者や出場メンバーも知っておくと、さらに良いですね。

なお、試合観戦は、必須ではありません。

観戦するのがベストなのはもちろんですが、難しければスポーツニュースやネット、サッカー番組などで結果を調べるだけでもOKです。

大事なのはリアルタイムでの把握

試合観戦以上に大事なのは、リアルタイムで結果を把握しておくことです。

試合の当日か、遅くとも翌日には知っておきたいところですね。

これを続けていると、自分の応援しているクラブだけでなく、そのクラブが所属している国(リーグ)の状況もわかるようになってきます。

どのクラブが強豪で、どのクラブが弱小なのか。自分の応援しているクラブは、どのくらいの位置づけなのか。

これがわかるようになったら、「サッカーに詳しくなる」ための最初のステップはクリアできています。

サッカーに詳しい人たちの仲間入り

あなたが知り合いとJリーグの話をしていると、考えてみてください。

その知り合いが、

今年のJリーグで調子がいいのは、横浜Fマリノス。それを追うのがFC東京と鹿島アントラーズで、この3チームが現在首位を争ってるわ。
下位は、湘南、松本、磐田ね。特に磐田は負けが多くて勝ち点を稼げてないから、このままだと残留が危ないかも。

という話を始めたら、「この人はサッカー(Jリーグ)に詳しそうだな」と思いますよね。

応援しているチームを追い掛けているだけで、この知り合いたちと同じことをあなたが話せるようになります。

それはすなわち、あなたが「サッカーに詳しい人たち」の仲間入りをした、ということでもあるのです。

【サッカーに詳しくなりたいなら】まとめ

本記事ではサッカー観戦初心者に向けて、次の4つのステップで「サッカーに詳しくなる方法(初級編)」を紹介しました。

  1. ルールを知る
  2. 応援するクラブを決める
  3. 応援するクラブが出場する大会を知る
  4. 応援するクラブを追いかける

この方法だと、それほど試合観戦を重ねなくてもサッカーに詳しくなることができてしまうのですが、到達できるのはあくまで初級レベル

コアなファンと対等に話ができるレベルを目指すには、やはり試合観戦が必要です。

ただ、そうしたレベルを目指すにしても、まず基本となるのは本記事で紹介した方法。

「サッカーに詳しくなりたい」なら、まずはここから実践すると良いでしょう。

クリアできた、あるいはこのくらいなら既にクリアできているという方には、次のレベルに達する方法をこちらでご紹介しています。

【サッカーに詳しくなる方法2】2つの方向で知識を拡大! 初級をクリアした後には、これをしましょう。こんにちは、早起きラガードです。 こんな疑問を持っているサッカー観戦初心者の方に向けて、こちらの記事で初級レベルをクリアす...

ぜひ、参考にしてください。

今回は、以上です。