サッカー

DAZNを見るのにいくら必要? 料金パターンは大きく分けて2つです。

こんにちは、早起きラガードです。

Jリーグを見るためにDAZNへの加入を考えてるんだけど、料金ってどのくらいかかるのかな?

今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事からわかること
  • DAZNの料金プランは、大きく分けて2つ
  • 必要なのは、月額利用料だけ
  • 料金発生のタイミングは、プランによって異なる

DAZNだけを見たい場合、料金パターンは2つ

DAZNの利用料金は、極めてシンプル。

DAZNだけを見たい場合、料金パターンは次の2つしかありません。

スマホ・ケータイ 料金(税込)
ドコモ 1,078円/月
ドコモ以外 1,925円/月

違いは、ドコモのスマホ・ケータイを使っているかどうかです。

ドコモを使っていれば、消費税を入れても月額1,000円ちょっとでの視聴が可能です。

はっきり言って、安いです、これは。安すぎると言ってもいいくらいです。

ドコモのスマホ・ケータイを使っていない場合は少し価格が上がってしまいますが(というより、こちらが標準料金ですが)、それでも消費税込みで月額2,000円弱です。

これでもやっぱり安いです。

DAZN以前の時代は、Jリーグを見るのにもっとお金が必要でしたからね。

DAZNはこれだけの費用で、Jリーグ以外も視聴可能ですから。

※なお、本記事ではあくまでDAZNだけを見たいケースを紹介しています。DAZNと他のサービス(dtvなど)を一緒に契約することで料金が割り引かれる、「セット割」のようなメニューもいくつか存在するのですが、今回は対象から外しています。

初期費用、追加料金は一切かからない

見放題を宣言しておきながら、実際には「一部コンテンツは別料金」というVODサービスもありますが、DAZNではそういったことは一切ありません。

  • ドコモユーザー    :月額1,078円
  • ドコモユーザー以外:月額1,925円

これだけで、すべてのコンテンツが視聴可能です。

追加料金は必要ないですし、初期費用もかかりません。

すなわち、Jリーグが見たいためにDAZNに加入すると、追加料金なしでラ・リーガやUEFAチャンピオンズリーグも一緒に見ることができてしまうのです。

料金発生のタイミングは契約によって異なる

DAZNの利用料金は、

  • ドコモユーザー
  • ドコモユーザー以外

で変わると紹介しました。

これに対して契約形態は、次の2つが存在しています。

  • DAZN
  • DAZN for docomo

そしてこのそれぞれで、料金発生のタイミングは違っています。

「DAZN for docomo」=ドコモユーザーとは限らない

料金の違いは2つ。ドコモユーザーか、そうでないか。契約形態も2つ。DAZNか、DAZN for docomoか。

それってつまり、

・ドコモユーザー = DAZN
・ドコモユーザー以外 = DAZN for docomo

ってことじゃないの?

そう考えたくなるところですが…… 実は、違います。

というのも、「DAZN for docomo」はドコモユーザー限定ではなく、ドコモユーザー以外も契約が可能だからです。

つまり、ドコモユーザー以外の「DAZN for docomo」契約者が存在し得るということになります。

ただ、これは完全に私の想像なのですが、実際にはそういう人はあまりいないんじゃないかと思いますね……

というのも、そういう契約にしたところで、安い方の料金(1,078円/月)が適用されるわけではありませんから。

「DAZN for docomo」契約であっても、ドコモユーザーでなければ月額利用料は1,925円の方になります。

「DAZN」契約の場合、料金発生の基準は申込日

さて、では本題の料金発生の基準日についてです。

ドコモユーザー以外のほとんどの方が選択すると思われるのが、こちらの「DAZN」の契約。

月額利用料が1,925円の方ですね。

こちらの料金発生の基準は、DAZNを申し込んだ日です。

申込日から一ヶ月ごとに、料金が発生します。

5/15に初めてDAZNを申し込んだケースで、見ていきましょう。

期間 料金
5/15 – 6/14 無料期間
6/15 – 7/14 1,925円
7/15 – 8/14 1,925円

まず、初回1ヶ月は無料期間がありますので、料金は発生しません。

※これは、初めてDAZNと契約したときだけです。2回目からは、最初の1ヶ月も料金が発生します。

2ヶ月目、このケースでは6/15になって初めて、1,925円の月額利用料が発生します。

このケースの一番のポイントは、月の途中に契約しても、利用料はそこから1ヶ月で計算されるということ。

月末締めではないので、1日に申し込んでも、25日に申し込んでも、料金に無駄が発生することがありません。

「DAZN for docomo」の場合は、毎月1日に料金発生

「DAZN for docomo」の方は、少し注意が必要です。

というのも、無印の「DAZN」と違って、こちらは料金期間が毎月1日から末日に設定されているからです。

「DAZN」契約のケースと同様に、5/15に、ドコモユーザーが初めて「DAZN for docomo」申し込んだケースで見てみましょう。

期間 料金
5/15 – 6/14 無料期間
6/15 – 6/30 1,078円
7/1 – 7/31 1,078円

注意していただきたいのは、無料期間終了後の、6/15-6/30の期間。

期間としては半月なのですが、料金期間が毎月1日から末日となっているので、月の途中から有料期間が始まったとしても1ヶ月分の料金を請求されます。

無駄な金は1円も払いたくないぞ!

という方は、申し込みのタイミングを月の初めにするようにした方がいいでしょう。

「DAZN」「DAZN for docomo」ともに日割りはない

契約期間の途中で解約したくなったときに気になるのが、料金の日割り計算はしてくれるのか、というところですよね。

これについては「DAZN」「DAZN for docomo」ともに、日割りはありません。

契約期間の途中で解約したとしても、1ヶ月分の料金はかかってしまいます。

ただし、「DAZN」の場合は契約期間の途中で解約手続きをしても、期間終了まで利用が可能です。

ですので、解約を決めたら忘れないようにすぐに手続きをしてしまった方がいいでしょう。

一方、「DAZN for docomo」は注意が必要です。

こちらは、解約と同時にサービスが利用できなくなってしまいます。

月の途中で解約しても月末までの料金が請求されますので、解約は月末まで我慢した方がいいかもしれません。

料金的にかなりおトクなDAZN

Jリーグ観戦が月額1,500円近く安くなった

DAZNでJリーグ全試合配信が始まったのは、2017年のことになります。

それ以前は、

好きなJクラブのリーグ戦は全部見たい!

と思ったら、スカパーへの加入が必要でした。

ただ、スカパーはDAZNと比較すると、ちょっと料金が高かったんですよね。

J1リーグの試合を全部見たい、と思った場合の料金を、かつてのスカパーとDAZNで比較すると次のようになります。

料金 スカパー DAZN
基本料金 421円
月額利用料 2,962円 1,925円
合計 3,383円 1,925円

※いずれも税込ですが、税率は時代に合わせてスカパーが8%、DAZNが10%で計算しています。

スカパーは、かつて存在した「JリーグMAX」での契約、DAZNは無印の「DAZN」での契約(高い方ですね)で比較しています。

ご覧の通りで、高い方のプラン&税率が2%高い、という不利な条件であっても、DAZNの方が月額1,500円近く安いです。

ドコモユーザーの場合、この差がさらに広がって約2,400円/月安くなります。

こうなってしまうともう、比較にもならないレベルですね。

DAZN以外で見られるコンテンツでも、DAZNの方がおトク

そうは言っても、JリーグはDAZNの独占配信だからね…… Jリーグを全部見たければDAZNに入るしかないわけだし。DAZN以外でも見られるコンテンツでは、比較できないの?

ラ・リーガ(スペインのサッカーリーグ)は、DAZN以外にWOWOWでも視聴が可能です。

料金比較は、次の通り。

料金 WOWOW DAZN
基本料金
月額利用料 2,530円 1,925円
合計 2,530円 1,925円

今度は税率10%に合わせています。

スカパーよりは差が縮まりますが、DAZNの方が約600円安いです。

「DAZN for docomo」だと、約1,500円安くなります。

※なお、ラ・リーガの配信(放送)試合数は

  • DAZN:最大10試合
  • WOWOW:最大5試合

となっていて、こちらの面でもDAZNの方がおトクです。

※関連記事です。

ラ・リーガとは? 日本で見る方法についても紹介しますこんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 詳しく、見ていきます。 ラ・リーガと...

クレジットカード、デビットカードがなくても支払いは可能

料金がわかったら、次に気になるのは支払い方法ですよね。

DAZNでは、以下の方法を用意しています。

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. DAZNチケット
  4. プリペイドカード
  5. DAZN年間視聴パス
  6. アプリストア経由
  7. PayPal

※クレジットカードは、VISA、Master、JCB、American Express、DinnersClub、アプリストアはiTunes、Google Play Store、Amazon IAPが対象です。

ご覧の通りで、

  • DAZNチケット
  • プリペイドカード
  • DAZN年間視聴パス

などを利用すれば、クレジットカード、デビットカードを持っていなくても手軽に支払いすることができます。

なお、ドコモユーザーが「DAZN for docomo」で契約する場合(1,078円のケースですね)は、電話料金と合算になります。

料金的には、かなりおトクなDAZN

DAZNではJリーグの他に、

  • プレミアリーグ
  • ラ・リーガ
  • UEFAチャンピオンズリーグ

なども視聴可能です。

プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグは全試合独占配信、ラ・リーガも毎節最大10試合観戦することができます。

(ラ・リーガは20クラブで構成されていますから、最大10試合ということは全試合と同じです)

これだけ見ることができて月額2,000円未満(税込)ですから、やはりどう考えてもおトクです。

ドコモユーザーなら、月額1,000円ちょっとですからね。安すぎですよ。

なお、DAZNについてよく聞かれる

画質が心配

という方は、DAZNには初回1ヶ月無料期間が付いていますので、そこで確認してみるのが一番いいと思います。

無料期間中に解約も可能ですからね。

一応、DAZNの申し込み先も貼っておきます。

個人的には、画質はまったく問題ないレベルだと思っています。

今回は、以上です。

※関連記事です。

プレミアリーグって、どんなリーグ? 視聴方法についても紹介します【イングランド】こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問についてお答えします。 ※なお、プレミアリーグという名前の付いた...
チャンピオンズリーグとは、どんな大会? 日本で見る方法についても紹介します【サッカー】こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 チャンピオンズリーグとは 5つのチャンピオンズリ...