Jリーグ

2019浦和は2007鹿島にどこまで迫れるか?【23試合目終了】

こんにちは、早起きラガードです。

「J1リーグ残り15試合で、2019浦和は2007鹿島にどこまで迫れるか」をテーマに、1試合ごとに状況を追いかけています。

ここに至るまでの道のり
  1. 2019浦和をオリヴェイラ体制1年目と強引に解釈し、2007鹿島との比較を始める
  2. オリヴェイラ氏が浦和の監督を解任され、当初の目的を見失う
  3. 解任時点での浦和の成績が同時期の2007鹿島と近いことに気が付き、比較続行を決意
  4. 残り15試合の時点で、2019浦和が2007鹿島に追い付くのは事実上不可能であることに気が付く
  5. 目的を、残り15試合で2019浦和が2007鹿島にどこまで迫れるか、に切り替えて、再び続行を決意

詳しい経緯はこちらをご覧ください。

2019浦和は2007鹿島を越えられません【残り15試合で判明】こんにちは、早起きラガードです。 初年度からのJリーグファンです。 多少強引な「オリヴェイラ体制1年目」をきっかけに、J1リーグ...

前回はこちら。

2019浦和は2007鹿島にどこまで迫れるか?【22試合目終了】こんにちは、早起きラガードです。 「J1リーグ残り15試合で、2019浦和は2007鹿島にどこまで迫れるか」をテーマに、1試合ごと...

というわけで、浦和の、23試合目終了(残り11試合)時点での状況を見ていきます。

2019浦和のJ1リーグ23試合目

試合前の状況

リーグ23試合目の対戦相手は、ヴィッセル神戸でした。

両チームの試合前の状況は、次の通りでした。

浦和 神戸
順位 9位 15位
勝ち点 30 23
8 6
6 5
8 11
得点 22 33
失点 29 39
得失点差 -7 -6
直近5試合 ●〇△△△ ●●●△△

3試合連続引き分けの浦和と、2試合連続引き分けの神戸の対戦です。

浦和は一応、4試合負けなしですが…… 波に乗れている感じはしないですね。

苦しみながら、何とか勝ち点1を積み上げているという印象を受けます。

一方神戸は、獲得したばかりのベルギー代表DFフェルマーレン選手が前節大分戦に早速出場していました。

「バルセロナ化」を推し進めてはいるようですが…… なかなか結果に反映されないですね。

結果

 

2019J1リーグ第23節

2019年8月17日(土)

神戸 3-0 浦和

得点者:45’+1古橋、59’山口、86’イニエスタ(PK)(神戸)

ご覧の通り、2019J1リーグ第23節は浦和の大敗に終わりました。

先制し、相手が前掛かりになった隙を突いて、追加点を重ねる。

失点もしていませんからね。神戸からすると、理想的な勝ち方だったと思います。

浦和は前線に14杉本選手を起用した試合だったのですが…… 効果的な攻撃につなげることはできませんでした。

神戸の豪華なメンバー

この試合、神戸は獲得したばかりの、元日本代表24酒井高徳選手がいきなり先発。

同じくヨーロッパ帰りの41関根選手と、サイドでガツガツ攻防を繰り広げていました。

それにしても羨ましいのは、神戸の資金力

フェルマーレン選手を獲った後に、酒井選手も獲れてしまうんですからね。一体いくらつぎ込んでいるんですかね。

あと、イニエスタ選手はやっぱり別格でした。

サッカーファンなら、今のうちにスタジアムで観ておくことを強くおススメします。

あのプレーがJリーグで見られるなんて、奇跡だと思いますよ。

2019浦和と2007鹿島の比較

2007鹿島のJ1リーグ23試合目の結果

2007鹿島も、J1リーグ23試合目は、G大阪に1-5で負けています。

こちらも大敗ですね。

こんなところだけ2007鹿島の真似をしなくても、良さそうなものですが……

J1ラスト15の2019浦和と2007鹿島の戦績

2019浦和 2007鹿島
20試合目
21試合目
22試合目
23試合目

 

J1ラスト15:4試合消化時点での比較
  • 2007鹿島:勝ち点9(3勝1敗)
  • 2019浦和:勝ち点3(3分1敗)

23試合目は両クラブとも敗戦でしたので、勝ち点の積み増しはありません。

もちろん、差も縮まらず。

試合数は減ったので、2019浦和からすると、2007鹿島の背中が遠ざかった形になりました。

2019浦和の今後の日程

この先5試合の対戦相手と日程

クラブ
24試合目(8/23) 松本(H)
25試合目(9/1) 湘南(A)
26試合目(9/13) C大阪(H)
27試合目(9/28) 鳥栖(A)
28試合目(10/6) 清水(H)

次戦の相手は、昇格組の松本

リーグ前半戦では第3節(3/9)に、松本のホーム、サンプロ アルウィンで対戦し、浦和が1-0で勝っています。

浦和がまだ、オリヴェイラ前監督の時代ですね。

このときはまだ、次の対戦のときに浦和の監督が代わっているとは、思いもしませんでした。

なお、リーグ戦の合間に、浦和には以下の試合も組まれています。

  • 8/27 ACL準々決勝第1戦 vs上海上港(A)
  • 9/4 ルヴァン杯準々決勝第1戦 vs鹿島(H)
  • 9/8 ルヴァン杯準々決勝第2戦 vs鹿島(A)
  • 9/17 ACL準々決勝第2戦 vs上海上港(H)

フッキ、オスカルがいるACL上海戦に、ルヴァン杯は鹿島戦。

もう笑うしかないですな。

8/23以降の浦和の日程
  • 8/23 vs松本(リーグ)
  • 8/27 vs上海(ACL)
  • 9/1 vs湘南(リーグ)
  • 9/4 vs鹿島(ルヴァン杯)
  • 9/8 vs鹿島(ルヴァン杯)
  • 9/13 vsC大阪(リーグ)
  • 9/17 vs上海(ACL)

過密日程の始まりです……

まとめ:依然として、敗戦数は並んでいる

  • J1 23試合目の結果は、2007鹿島、2019浦和ともに敗戦
  • 2007鹿島のJ1ラスト15の通算成績は、3勝1敗
  • 2019浦和のJ1ラスト15の通算成績は、3分1敗

2007鹿島の敗戦は、2019浦和にとっては差を詰めるチャンス。

そこで一緒になって負けているところが、今季の浦和を象徴しているようにも思えます。

今回は以上です。