Jリーグ

【J1第31節終了・第30節未消化】2019年、浦和レッズはJ1に残留できるのか?【残り4試合】

こんにちは、早起きラガードです。

J1残り8試合(第26節終了時点)で、無条件残留ギリギリの15位まで順位を落とした浦和。

その浦和が、J1に残留できるのか、を1試合ごとに追っています。

今回は、その4回目。

取り上げるのは、J1リーグ第31節 サンフレッチェ広島戦(A)です。

※第31節ですが、この試合を含めて5試合を残しています。「J1リーグは全部で34試合だから、第31節だと残り4試合になるのでは?」という疑問には、後ほどお答えします。

前回は、こちら。

【J1第29節終了】2019年、浦和レッズはJ1に残留できるのか?【残り5試合】こんにちは、早起きラガードです。 J1残り8試合(第26節終了時点)で、無条件残留ギリギリの15位まで順位を落とした浦和。 ...

試合前の浦和の状況

今回取り上げるJ1リーグ第31節広島戦の前に、浦和の現状について確認しておきましょう。

主要タイトルの状況

J1リーグ 12位(第29節終了時点)
ルヴァン杯 準々決勝敗退
天皇杯 4回戦敗退
ACL 決勝進出

今回は、何と言ってもこれですね。ACL。

2019ACL準決勝2ndレグ

 広州 0-1 浦和

得点者:50’ 興梠(浦和)

10月23日(水)に行われた準決勝2ndレグ、浦和は中国の広州恒大に1-0で勝利し、2戦合計3-0として2シーズンぶりの決勝進出を決めました。

喜ばしいことです。ACLで決勝まで辿り着くのは、そう簡単ではありませんからね。

喜ばしいことなのですが…… しかし恐れていたことでもありました。

この影響で、浦和は地獄の過密日程を戦わなくてはならなくなってしまいました。

過密日程

10月終わりから11月にかけての浦和の試合日程は、次の通り。

  • 10/29 第31節 vs広島(A)
  • 11/1   第30節 vs鹿島(A)
  • 11/5   第32節 vs川崎(H)
  • 11/10 ACL決勝1st vsアルヒラル(A)
  • 11/24 ACL決勝2nd vsアルヒラル(H)
  • 11/30 FC東京(A)

何ですかね、これ。ひどすぎませんかね。

10/29に広島と試合をして、中2日で鹿島戦。さらにそこから中3日で川崎と戦い、大急ぎでサウジアラビアに飛んで週末にACL決勝。

ACL決勝1stは11/10と書いていますが、これはあくまで日本時間の話ですからね。実質的には、11/9の試合です(日本時間11/10キックオフ)。

つまり、川崎戦からサウジアラビアでのACL決勝も、実質中3日しかありません。

浦和にさらに過酷なのは、この過密日程で当たる相手がすべて上位陣という状況。

第29節終了時点で、

  • 広島:4位
  • 鹿島:1位
  • 川崎:6位、ルヴァン杯王者

と、もはや嫌がらせとしか思えないようなカードが組まれています。

アウェーの広島戦から、中2日で鹿島戦、さらに中3日で川崎戦なんて、厳しいなんてものじゃないですよ…… しかもこの後に、アウェーでのACL決勝が待っているわけですからね。

ちなみに、ACL決勝が決まる前のスケジュールは、こんな感じでした。

  • 11/2  第30節 vs鹿島(A)
  • 11/9  第31節 vs広島(A)
  • 11/23 第32節 vs川崎(H)
  • 11/30 第33節 vsFC東京(A)

これが楽に見えてしまうから、不思議です。

対戦相手を考えると、これでも十分シンドイ日程なんですけどね。

なお、今回取り上げる第31節広島戦は、ご覧の通り元々は第30節鹿島戦の後に行われる試合でした。

ACL決勝の関係で前倒しとなり、第30節より前に第31節が実施されるという逆転現象が起こっています(サッカーではよくあります)。

J1リーグ

さて、では気を取り直して、J1リーグの状況を見ていきましょう。

第29節(前節)終了時点での浦和の成績は、次の通り。

12位 勝ち点35 9勝8分12敗

連勝を狙って臨んだ第29節大分戦、前半をスコアレスで乗り切り、後半は押し気味に試合を進めていた浦和でしたが、アディショナルタイムにカウンターから決勝点を献上。0-1で敗れました。

勝ち点は35から、伸ばすことができず。

確実な残留を勝ち取るために必要な勝ち点42には、7ポイント不足している状態です。

残り8試合(第27節~第34節)で2勝5分1敗以上というのが浦和のノルマでしたが、大分戦の敗戦でこのノルマが、残り5試合で1勝4分以上となりました。

※このあたりの詳しい事情については、こちら。

浦和のJ1残留に必要な勝ち点は? 残り8試合の状況から考えます【2019年】こんにちは、早起きラガードです。 今回は、こんな疑問にお答えします。 なお、結論は以下の通り。 201...

既に書いた通り、過密日程で上位陣と戦いながらの、1勝4分以上ですからね…… 簡単ではありません。

今の浦和に求められるのは、とにかく負けない戦いです。

J1リーグ第31節 4位広島 vs 12位浦和

結果

2019J1リーグ第31節

 広島 1-1 浦和

得点者:75′ 岩波(浦和)、88’ オウンゴール(広島)

とりあえず、負けはしませんでした。

ただ、ちょっともったいなさも感じる試合でした。

アウェーで上位の広島が相手と考えると、ドローは悪くないはずなのですが…… 失点が終了間際で、しかもオウンゴールだったからですかね。

勝ち点3が獲れたんじゃないか、という気がしてしまいます。

ただ、試合自体は広島の方が押していました。

どんな試合だった?

過密日程を考慮して、メンバーを入れ替えてくるかと思った浦和ですが、スタートは6日前のACL準決勝とまったく同じでした。

前半は、低く構えて慎重な立ち上がりの浦和に対して、ホームの広島が攻め立てるという展開が続きました。

この試合の浦和は、守備の集中力が高かったですね。広島にかなりボールを持たれていましたが、中央をがっちり固めて相手の攻撃を防いでいました。

後半に入ると、浦和が攻める時間も増えてきました。このあたりは、いつも通りといった印象。

先制したのも浦和で、75分、DF岩波選手の狙いすましたシュートが決まりました。

この1点を守り切りたい浦和でしたが…… 残念ながらそうはいかず。

失点後、さらに攻勢を強める広島に88分、オウンゴールを献上してしまい、試合はそのまま1-1の引き分けで終わりました。

アウェーで上位の広島から勝ち点3をもぎ取れれば、この先がかなり楽になったのですが…… 惜しい試合でした。

「残り8試合で2勝5分1敗」の状況は?

対戦相手 勝敗
27 鳥栖(A)
28 清水(H)
29 大分(H)
31 広島(A)
30 鹿島(A)
32 川崎(H)
33 FC東京(A)
34 G大阪(H)

第27節以降の成績は、1勝2分1敗。

勝ち点42獲得のためには、残り4試合で1勝3分が必要です。

1勝3分以上の成績ならOKなので、負けが許されない、というわけではありません(2勝2敗でもOK)。

ただ、ここから過密日程での上位と戦わなければならないことを考えると、2勝以上挙げるのは難易度が高そうです。

中2日の鹿島戦、中3日の川崎戦はドローでしのぎ、残り2試合のどちらかで勝ち点3を狙う、というのが現実的ですかね……

FC東京も第29節終了時点で2位なので、厳しい相手であることに変わりはないのですが……

まとめ:浦和が厳しくなるのはここから

今回取り上げた広島戦は、過密日程の始まりではあったものの、前の公式戦(ACL準決勝2ndレグ)から中5日で行われた試合でした。

本当に厳しくなるのは、次の鹿島戦からです。

ここから、中2日、中3日、中3日と試合が続く浦和。

どこで主力を使い、どこで休ませるのか、というのもポイントになってきそうですが…… ACL決勝1stレグも含めて、全試合ドローで御の字と考えた方がいいのかもしれませんね。

ACLだけは、アウェーゴールを奪った上でのドロー(1-1以上)が望ましいところですが。

今回は、以上です。